その夏、乳房を切る―めぐり逢った死生観

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434123665
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

単なる闘病記にとどまらず21世紀の今を生きる女性を映し出したドキュメンタリー。

目次

第1章 告知
第2章 手術
第3章 思い出
第4章 転移
第5章 抗癌剤
第6章 変容してゆく過去
終章 二〇〇八年五月

著者等紹介

篠原敦子[シノハラアツコ]
1959年生まれ。群馬県前橋市出身。現在も同市在住。『北方文芸』『くりま』を経て現在『時空』同人。『その夏、乳房を切る―めぐり逢った死生観』で第6回開高健ノンフィクション賞候補となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ガーコ

0
☆☆☆☆2011/12/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1144849

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。