特養ホームからの手紙―介護の現場が直面する課題と施設介護のあるべき姿を考える

個数:
  • ポイントキャンペーン

特養ホームからの手紙―介護の現場が直面する課題と施設介護のあるべき姿を考える

  • 須藤 英一【著】
  • 価格 ¥1,620(本体¥1,500)
  • 牧歌舎(2007/10発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 09時32分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 204p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434109966
  • NDC分類 369.26

内容説明

親方日の丸では、特養ホームに明日はない。長生きを素直に喜べる社会(システム)づくりに向けて介護の現場から情報発信する。

目次

第1章 福祉とビジネス(山紫水明;社会福祉法人・施設の生い立ち;ビジネスから福祉へ;介護バブルの館;施設の建設)
第2章 介護現場の課題(個室・ユニットケアは万能か?;認知症ケアの充実;高齢者虐待はなぜ起きるか;介護事故とリスクマネジメントについて;ターミナルケア(看取り介護)について
介護施設をどう評価するか)
第3章 介護現場からのレポート(グループケアへの挑戦;第二紫水園の主;雪の中の大捜索;任地紹介後の難しさ;誤嚥事故;止むを得ない身体拘束)
第4章 特養ホームはどこへ行く(福祉ガエル;介護職員の「自立」と「尊厳」;シャイ福祉法人、特養ホームの課題;福祉事業の継続性;多様化する居住系福祉サービスメニュー;介護保険制度の継続性)

著者紹介

須藤英一[スドウエイイチ]
1951年群馬県生まれ。1974年早稲田大学商学部卒業、伊藤忠商事(株)入社。1979年~1981年フランス・ディジョン大学留学。1987年~1990年アフリカ・コンゴ民主共和国(旧ザイール)駐在。2001年~2002年業務部海外業務室次長。2003年伊藤忠商事(株)退職。社会福祉法人たま紫水会理事・事務局長、特養ホーム第二紫水園施設長。2006年~あきる野市介護認定審査会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)