生命の詩―「光る砂漠」矢沢宰詩集

個数:

生命の詩―「光る砂漠」矢沢宰詩集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年08月22日 00時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 92p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784434108242
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C0092

内容説明

夭折詩人・矢沢宰、魂の53篇。写真と書のコラボレーションによる新たな表現。ファン待望の新刊。

目次

少年
早春
感謝
春の夜の窓は開けて
五月の詩
雨に思う
詩を書くから…
俺は
さびしい道
五月が去るとて〔ほか〕

著者紹介

矢沢宰[ヤザワオサム]
昭和19年中国江蘇省生まれ。翌年父母の故郷・新潟県見附市へ引き揚げる。小学2年のとき腎結核を発病し右腎臓を摘出。13歳で左腎臓も結核発病、絶対安静の入院生活を送る。一時恢復し19歳で高校入学を果たすが、高校2年の冬に腎結核が再発し再入院、昭和41年3月、21歳で永眠。13歳の秋から詩作を始め、死と向き合いながら約500篇の詩を残す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)