フローラブックス<br> 歌論集 青き宙に

個数:

フローラブックス
歌論集 青き宙に

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 79p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784434108211
  • NDC分類 911.16
  • Cコード C0092

内容説明

芸術・社会・平和について一九八〇年から二〇〇六年までに歌誌へ寄せた評論十五編を収録。

目次

静かな体得
初めての中国旅行の印象
短歌の第二芸術―少し混乱しながら
初心より初心へ―『新墾』八月号八月集2・作品評
六〇年安保より市場主義へ
厳しいけれど―平成十年新墾誌上評論等展望
言論の自由を守るために
ミレニアム末年に―平成十一年月集1・新墾集展望
抒情ということ
『平和萬葉集』(巻三)の意義
見出す目
巧智と未熟
前衛は過ぎ、されど前衛
どこまで何をうたえるか
八月、そして生きるとは

著者紹介

棟幸子[トウサチコ]
1926年樺太豊原市に生まれる。1942年北海道小樽市に移る。1970年春より作歌はじめる。1971年潮音入社。太田青丘先生、絢子先生に師事。1975年新墾入社。足立敏彦先生、椎名義光先生、飯田哲雄先生の選を受く。現在、潮音、新墾、創北に所属。日本歌人クラブ、北海道歌人会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)