チベット仏教成就者たちの聖典『道次第・解脱荘厳』解脱の宝飾

個数:

チベット仏教成就者たちの聖典『道次第・解脱荘厳』解脱の宝飾

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月20日 21時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 445p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784434108105
  • NDC分類 180.9
  • Cコード C0015

内容説明

三士の菩提道次第―自己の後生を願う小士、自利の解脱を願う中士、一切有情の利益を願う大士の階梯―を基本として、初期仏典から、『般若経』『華厳経』『法華経』、『荘厳経論』『入菩薩行論』など大乗の経論、後期密教のタントラ、成就者の口訳まで、あらゆる教えにより飾られた大乗仏教の如意宝珠。アティシャの「道次第(ラムリム)」とミラレパの「大印契(マハームドラー)」が合流。チベットで成就者を数多く育てたカギュ派最高の聖典。

目次

序論(カダムの教え―「菩提道次第」;大印契―秘密真言の教え;ガムポパの生涯とその「大印契」 ほか)
参考資料(ガムポパの伝記―ゴ・ショーヌペル著『青史』「自在主大翻訳師マルパから伝承したタクポ・カギュといって知られたものの章」より;タクポ・カギュ派について―『青史』「自在主大翻訳師マルパから伝承したタクポ・カギュといって知られたものの章」より;ゴ・ショーヌペル著『宝性論の註釈』より;レーチェン・クンガーギャルツェン著『カダム派の歴史・学者の意を奪うもの』より;カダム派と秘密真言―『青冊子の註釈』より ほか)
本文和訳(因の善逝蔵;依処の人身の宝;縁の善知識への親近 ほか)
本文訳註

著者紹介

ツルティム・ケサン[ツルティムケサン][Tshul khrims skal bzang Khang dkar]
1942年西チベットのシェーカルに生まれる。1959年チベット動乱によりインドに亡命。1972年ベナレス・サンスクリット大学大学院修士課程修了。1974年国際仏教徒協会の招聘により来日。1984年日本に帰化。日本名、白館戒雲(しらたてかいうん)。大谷大学教授

藤仲孝司[フジナカタカシ]
1963年広島県に生まれる。1987年京都大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)