• ポイントキャンペーン

マスコミ対応はもう怖くない!メディアトレーニングのすべて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784434107887
  • NDC分類 336

内容説明

「メディアトレーニング」は、記者会見、記者インタビュー、マスコミ対応を効果的に、失敗なく行うための話し方とテクニックのトレーニングです。不祥事、偽装、リコール、事故…緊急記者会見が続出する今、大注目を集めています。メディアトレーニングの第一人者である著者がそのすべてを、この一冊に。

目次

メディアトレーニングと話し方教室の違いは何でしょう?
メディアトレーニングの神髄、ニューススタイル
サウンドバイトとクォータブルコメント
キーメッセージ
キーメッセージの展開法
ニューススタイルで話す詳細コメント
リード部分のポイントに真実性、説得性を持たせたり、面白くしたり、わかりやすくするためのテクニック
「話をしないため」の訓練
総仕上げ―模擬インタビュー
メディアの形式に合った対応
メディア対応形式のそれぞれ
発表内容に応じたメディア対応
危機管理広報
その他のヒント
メディア対応の準備
メディアトレーニングの果実を他のビジネス局面で使う

著者紹介

山口明雄[ヤマグチアキオ]
メディアトレーニング講師。株式会社アクセスイースト代表取締役。広報業務従事歴25年以上のベテラン。1995年に世界大手の広報会社ヒル・アンド・ノウルトンの日本支社長に就任し、メディアトレーニング講師としての訓練を受けると同時に、このサービスを同社の業務の柱のひとつに育てあげた。それ以来、株式会社アクセスイースト、他の広報会社、広告代理店などを通して、これまでに130回あまり、延べ400名ほどの企業トップ、役員、マネージャー、広報担当の方々にメディアトレーニングを実施している。東京外語大学を卒業後、NHKに入局。帯広、札幌局などでローカル番組制作。その後、日本マクドネル・ダグラス株式会社で広報・宣伝マネージャーを務めたのを皮切りに、アクセスイースト、ヒル・アンド・ノウルトン・ジャパン(日本支社長)、オズマピーアール(取締役副社長)で広報業務に従事。現在、アクセスイースト代表として、メディアトレーニングの講師を務めると共に、IT、医療、金融分野の顧客に広報サービスを提供している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)