新版 松川裁判 (新版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

新版 松川裁判 (新版)

  • 廣津 和郎【著】
  • 価格 ¥3,888(本体¥3,600)
  • 木鶏社(2007/10発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 72pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 05時54分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 726p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784434106972
  • NDC分類 327.6

内容説明

1949年福島県松川で起きた列車転覆事件。20人の青年が逮捕され死刑や無期など宣告された。広津和郎は彼らの無実を証明しようと約5年にわたり「中央公論」に判決文批判を書きつづけた。調書や公判記録を綿密に調べ、被告や証人と裁判官・検察官・弁護士との質疑応答を一つ一つ検証するという実証的な方法は今もなお有効な手段である。重い内容、鋭い筆法ながら推理小説を読むような面白さをもそなえている。「公正な裁判」を願い「裁判は国民のもの」と言いつづけた広津和郎の裁判批判の歴史的書!!漢字の一部をひらがなにし、くわしい年表・解説をつけ、若い世代にも読みやすく編集。

目次

事件の概要
「仮定」と「可能性」の裁判
赤間自白の問題
自白と事実の食違い
謀議に出たのは幽霊か
玉川警視等の証言
高橋被告のアリバイ
高橋被告の身体障碍
証言を歪曲した判定
その夜本田被告は酔っていた〔ほか〕

著者紹介

廣津和郎[ヒロツカズオ]
明治24年(1891)作家広津柳浪の次男として東京牛込に生れる。早稲田大学在学中に舟木重雄、葛西善蔵らと「奇蹟」を創刊。大正6年(1917)「神経病時代」を発表し以後小説評論等はば広く活躍する。昭和27年(1952)から松川事件に関心を抱き昭和29(1954)年4月から昭和33年(1958)10月まで「中央公論」誌上で4年7ヶ月にわたり松川裁判第二審判決文を詳細に批判する。公判傍聴・現地調査や全国を講演してまわるなど昭和38年(1963)の無罪判決まで被告らを支援しつづけた。昭和43年(1968)逝去。享年76歳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)