靖国問題Q&A―「特攻記念館」で涙を流すだけでよいのでしょうか

個数:

靖国問題Q&A―「特攻記念館」で涙を流すだけでよいのでしょうか

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434106231
  • NDC分類 175.1
  • Cコード C0036

目次

第1章 靖国神社の由来、その歴史とこんにち
第2章 靖国問題、「歴史問題」とはなにか
第3章 東京裁判・A級戦犯と靖国神社
第4章 靖国神社「遊就館」の持つ問題点
第5章 アジアの遺族にとっての靖国神社
第6章 靖国問題の今後を考える

著者紹介

内田雅敏[ウチダマサトシ]
1945年、愛知県生まれ。1968年、早稲田大学法学部卒業。弁護士。日弁連人権擁護委員会委員、日弁連接見交通権確立実行委員会委員長を経て、現在日弁連憲法委員会委員、東京弁護士会憲法問題協議会副委員長。弁護士としての通常業務の他に、花岡事件、香港軍票問題などの戦後補償請求裁判、自衛隊イラク派兵違憲裁判、立川防衛庁宿舎イラク反戦ビラ入れ事件などに取り組む。専修大学・東京女子大学非常勤講師。「平和の灯をヤスクニの闇へ キャンドル行動」事務局長(2006年8月)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)