ソ連はなぜ崩壊したのか―英雄的たたかいと苦い敗北

個数:

ソ連はなぜ崩壊したのか―英雄的たたかいと苦い敗北

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年06月19日 00時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 190p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784434027642
  • NDC分類 309.338
  • Cコード C0098

目次

序論 十月社会主義大革命勝利以後の八〇年間(十月社会主義大革命と社会主義の成果;社会主義陣営解体の地球規模での帰結 ほか)
第1部 いくつかの方法論的・理論的な考察(方法の問題について;現実の社会主義に対する科学的な批判の理論的基礎 ほか)
第2部 社会主義に危機をもたらした客観的・外部的要因(生産力発展の初期段階;帝国主義の包囲下での社会主義建設 ほか)
第3部 社会主義の危機の主体的・内部的要因(「急速な消費成長」モデルと経済危機の背景;「発達した社会主義」モデルと政治的危機の背景 ほか)
第4部 社会主義の刷新から解体へ(変革の初期段階;第二七回党大会―社会主義発展の可能性の増大 ほか)
結論 挫折は不可避だったのか?(「新思考」の役割;共産党員の断固たる対応の欠如 ほか)