• ポイントキャンペーン

組織愛―新時代の組織論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 197p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434027338
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C3034

内容説明

「いい奴=駄目な奴」論は危険!馴れ合いとチーム愛は違う!個性を認めよ!チャンスは公平に!君は部下を愛しているか?部下はチームを愛しているか?逆境を打開するのは個性とチーム力。きみは仕事を愛しているか?仕事を愛せないリーダーに部下は動かせない。組織を愛しているから挑戦する。意識を共有できない組織は速く動けない。闘将でもなく知将でもない愛将を目指せ。

目次

中高年を切り捨てる組織に未来はない
組織愛は忠誠心から友愛へと進化する
個人主義を謳歌していても虚しさしか残らない
自分だけ勝とうとする社員が会社を潰す
欧米の真似をしても日本の組織は勝てない
これからの最強の組織づくりは愛
新時代のリーダーは『いい奴』だ
人材が流動化する時代の組織愛
社員を「勝ち組」「負け組」に分ける愚かさ
部下は上司の何なのか
子供の頃仕事は将来の夢だったはずだ
変貌する組織

著者紹介

中山幹夫[ナカヤマミキオ]
1981年東京大学大学院物理学修士課程修了。富士通株式会社でインターネットに代表される高度情報ネットワークの開発に20年間従事する。米国クリントン政権の経済戦略プロジェクト『情報スーパーハイウェイ構想』に参加し、自ら発明したマルチメディアシステムを開発、ゴア副大統領がセレモニーで使用した。現在は神田外語大学助教授。現場のビジネス経験を活かし、ITを中心とした情報教育に携わっている