続・弓道三昧―運動機能解剖と射法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 206p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784434026812
  • NDC分類 789.5
  • Cコード C3075

内容説明

射法を科学的な視点から捉えた新しい“弓道指南書”。

目次

第1章 弓道を始めるに当たって
第2章 弓道場での注意
第3章 基本体の注意点
第4章 上肢の関節機能解剖
第5章 私の射法八節動作指導
第6章 呼吸と息合い
第7章 審査に際して
第8章 失の処理と場内係(介添え)
第9章 指導と射癖矯正
第10章 弓の随想(随筆)

著者紹介

松枝利明[マツエダトシアキ]
1930年福岡県三潴郡大溝村に生まれる。1937年関東州貔子窩尋常高等小学校入学。1939年本籍地に帰り大溝尋常高等小学校に転校。1943年福岡県立三潴中学校入学。1948年官立第七高等学校(造士館)理科入学。1949年学制改革により国立鹿児島大学入学。1953年九州大学生産科学研究所入所。1955年日本ライヒホールド化学工業(現大日本インキ化学工業)入社。1991年同社を退職。弓暦、1975年大日本インキ化学工業・千葉工場・弓道部に入る。1975年弓道初段認許(77年弐段、79年参段、四段、82年五段、83年錬士、85年六段、89年教士)。1980年~94年三丸一之範士に師事。1992年弓道クラブ「萃葉会」設立・主宰。1994年文部大臣認定・公認弓道C級コーチ登録。1994年弓道七段認許。1994年全日本弓道連盟・射術研究委員。1997年国際武道大学・非常勤講師(弓道理論・実習)。現在、萃葉会および東京歯科大学弓道部・師範、千葉県弓道連盟常任理事・教士会会長