この永遠の瞬間―夫オルダス・ハクスレーの思い出

個数:

この永遠の瞬間―夫オルダス・ハクスレーの思い出

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月01日 19時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 430p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434025556
  • NDC分類 930.28
  • Cコード C0011

内容説明

五十代半ばのハクスレー夫妻と識り合い、マリア夫人の死後、乞われてその妻となったキャリアウーマン、ローラ夫人の、出会いから十五年後のハクスレーの死までをエピソード豊かに綴ったメモワール。ハクスレー研究の第一級資料としてだけでなく、清冽なラブストーリー、含蓄豊かな人間ドラマとして、読む者に深い感動と励ましを与える書。物議をかもした彼のLSD実験の真意や、誤解されることの多かったその神秘主義思想の理解にも決定的な重要性をもつ。新たにT・マッケナの序文と自序、著者紹介が追加された2000年度発行の原書新版に基づく比類なき魂の愛と生と死のドキュメント。

目次

術を施す
この永遠の瞬間
わが唯一にして最愛の…
ドライブイン結婚式場
ボッカ・バキアタ
あの哀れな奴―彼はほとんど目が見えないのだ
今夜、風が…
花火のあとで
明るさ
人は決して十分に愛することはできない〔ほか〕

著者等紹介

ハクスレー,ローラ[ハクスレー,ローラ][Huxley,Laura]
1911年、イタリアのチューリン「トリノ」に生まれる。ヴァイオリニストとしてアメリカにやってくるが、戦争のために音楽家としての道を妨げられ、映画プロデュースの道に入る。48年、ハクスレー夫妻の知遇を得て、親しく交際。マリア夫人の死後、ハクスレーの妻となる。その後独自のセラピー手法を開発、夫の協力と励ましを得て書いた『あなたは標的ではない』は、出版に苦労するが、発売されるや大きな反響を呼び、のちに数か国語に翻訳される。78年、「チルドレン:われわれの究極の投資」を創設。今も活躍を続けている

大野龍一[オオノリュウイチ]
1955年、和歌山県本宮町生まれ。早稲田大学法学部卒。三十代半ば、正規に臨床心理学を学ぼうと某大学院に入学するも、納得を得られないまま終わる。その後、ガーダムの霊性と悪についての深い洞察に接し、ようやく求めていたものに出会えたという感触を得る
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。