帰郷〈中〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 367p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784434025174
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

極東の家族と離れて、英国コーンワルの寄宿学校で暮らすジュディスは、18歳になり卒業を迎えた。親友ラヴデーのナンチェロー屋敷に家族の一員のように出入りするジュディスに転機が訪れる。愛を知り、苦悩し、ナンチェローを後にして自らの道を歩み出すジュディス。1939年。戦争の暗雲が時代をおおい、ナンチェローの庭につどった若者たちは戦場に去った。若者たちの戦死。残された家族をつつむ斐哀。ジュディスの黄金の日々の記憶は砕け散り、彼女もまた戦雲の彼方へと出発する。

著者等紹介

ピルチャー,ロザムンド[ピルチャー,ロザムンド][Pilcher,Rosamunde]
1924年英国コーンワル生れ。第二次世界大戦中、短編小説を書きはじめる。家族愛をテーマとした作品に長編、中編、短編多数。国際的なベストセラー作家。当代屈指のストーリーテラー。スコットランド在住

中村妙子[ナカムラタエコ]
1923年東京生れ。東京大学西洋史学科卒業。翻訳家。東京在住
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よし

4
中巻 あっという間に読了。戦争の中に翻弄されていくジュディスたち。戦時下のイギリスの逼迫していく状況。下巻に続く。2018/05/13

プチライス

4
「昼餐の前--ナンチェロー、一九三九」ジュディスが見入った美しい絵画のような情景、「時の流れのうちから抜き出された一瞬」が目に浮かぶ。同じその日の朝、ジェレミーが目にした「時がこのまま、歩みを止めてほしい(略)その瞬間が続いてくれればと願った」様子とともに、「甘美な、熾烈なノスタルジア」をもって読者の胸にも刻み込まれる特別な一日。「彼らのすべてにとって、黄金のように貴重な若い日々」が終わりを遂げる。「またここにもどってくることはあるだろう。しかしこれまで知っていたようなナンチェローを見ることはけっしてない2014/12/28

Camille

3
戦争で徐々に大切な人が亡くなってゆく、とても辛い中巻。それでも大切な友人や家族を思う事の幸せ、大切さを感じさせられる。ラヴデーとガスの恋が可愛くて、そして素敵。物語ではあるが、作者の自伝的小説らしい。美しい人生だと思う。傷はとても深くとも、その傷ゆえ、温かみを感じてならない。2014/05/18

慧の本箱

1
自伝的長編小説 超!長編小説です 長い・・2006/04/22

さくの

0
ゆっくり読了。前半はエドワードとジュディスが切なくて幼くて読む手が進まなかったけど後半はいっきに。戦争の話でもあくまで生活が残っているところが素敵。ガスの電話からエドワードの死、ガスの手紙は涙止まらなかった…2018/06/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/360133

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。