中村嘉幸ファイル<br> 種の起源―ディクレアラー編〈1〉

個数:

中村嘉幸ファイル
種の起源―ディクレアラー編〈1〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A6判/ページ数 110p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784434024801
  • NDC分類 797.2
  • Cコード C0076

内容説明

本書は、ブリッジ・プロ中村嘉幸の「日本人初のマスターポイント20,000点突破」を記念して企画されたものである。エースはいつ出すべきかというテーマを中心に、チーム線を前提としたディクレアラーサイドのプレイハンドの一部を編集者がまとめた。

著者紹介

中村嘉幸[ナカムラヨシユキ]
1944年福岡県門司市(現在の北九州市)生まれ。1963年京都大学法学部に入学。ブリッジを始める。1967年同校卒業。三菱原子力工業株式会社に入社。1977年三菱重工業株式会社を退社。いわゆるブリッジ・プロとなる。1968年FEBF(現PABF)出場をはじめ、海外遠征経験多数。FEFB日本初優勝の1985年シドニー大会にも出場。また、「日本ブリッジ教師会」発足以来、運営委員を歴任

富沢昇[トミザワノボル]
1952年神奈川県横浜市生まれ。1972年早稲田大学理工学部数学科入学。1978年同大学院理工学研究科数学専攻修了。理学修士。1991年有限会社エスアイビー・アクセス設立。現在、株式会社エスアイビー・アクセス代表取締役社長