表象の現象学から行為の哲学へ〈2〉記号・科学・芸術

個数:

表象の現象学から行為の哲学へ〈2〉記号・科学・芸術

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 176p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784434022708
  • NDC分類 116.7
  • Cコード C3010

目次

方法としての世阿弥
世界の内なる観念性としての自己
行為的表現の世界をどのように理解するか
概念表象による思考と身体的行為による世界開示
科学的方法もまた、行為的表現である
行為の世界
他者性について
他者性と自己性
死せる無限としての科学的合理性を超える問題
自己の観念性Idealit¨atは演技的・行為的である〔ほか〕

著者紹介

吉川健郎[ヨシカワケンロウ]
1926年奈良県生まれ。1952年京都大学文学部哲学科卒。鹿児島大学名誉教授。元志学館大学教授