驚異の意念パワー 站椿

個数:

驚異の意念パワー 站椿

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 164p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784434022548
  • NDC分類 789.2
  • Cコード C0075

内容説明

「站椿」とは、意念を用い静止した状態で身体内部のエネルギーを増強する訓練である。意拳創始者・王先生はこの站椿を重視し、身体内部のエネルギーを如何に実戦時に合理的に運用するかを課題とし、生涯をかけこの命題に取り組むとともに、門外不出といわれたこの訓練方法を公開し、晩年は治療分野においても多くの功績を残すに至った。最強中国拳法「意拳」の強さの秘密はまさにこの站椿にあり、この椿法を修練することから「驚異の意念パワー」への宿命的な飛躍が始まる。

目次

理法編(站椿とは何か?)
技法編(站椿(初級;中級;高級;養生椿)
試力(定歩;走歩)
摩擦歩)

著者等紹介

久保勇人[クボイサト]
1963年生まれ。日本太気拳協会師範。19歳のとき太気拳宗師沢井健一先生に師事し修練の後、門下生最年少で師より免状(練士五段)を許可され、23歳にして渡欧。兄弟子であるJ.H.カレンバッハ氏のもとで実戦組手を中心に修行に励む。その後更なる技量向上のため1989年訪中し、北京在住の意拳継承者姚承光・姚承栄両氏のもとで意拳の神髄を学ぶ。93年10月東京太気拳研究会を設立。95年12月姚承光氏にその実力を認められ、海外意拳総教練の称号を外国人として初めて贈られる。日中にわたる武術の本質を追求するその活躍は本場中国の新聞及び武術雑誌等はもとより、中国武術協会主編・中国文化出版社発行の『中華武術』にも詳しく紹介されている。また、数多くの実戦経験より生じるその卓越した力量は、太気拳若手第一人者として国内外の武術家より高い評価を受けている。’99年更なる飛躍を期して渡中、北京に居を構え修練の日々を送っている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。