社会学史研究〈第24号〉特集・二〇世紀の社会学を総括する―二〇世紀後期の社会学

個数:

社会学史研究〈第24号〉特集・二〇世紀の社会学を総括する―二〇世紀後期の社会学

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 111p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784434022388
  • NDC分類 361.2
  • Cコード C3336

目次

特集 20世紀の社会学を総括する―20世紀後期の社会学(ハバーマス=ルーマン論争の学史的意味とモダニティ―デュルケームと関わらせて;ギデンスの社会学―構造化、ハイ・モダニティ、第三の道;「ネオ・シカゴ学派」の都市社会学―シカゴ学派とハーバード構造主義の交差)
進化論と社会学の起源
「二次的構成論」と「多元的現実」―A.シュッツの1943年と1953年のあいだ(1)
『啓蒙の弁証法』における理念の位置―ホルクハイマーの啓蒙的歴史像
モンタージュとしての教会―トレルチからルジャンドルへ
第2回学会奨励賞