Q&A 中小企業のための欠損金の活用と留意点

個数:

Q&A 中小企業のための欠損金の活用と留意点

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月21日 23時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 219p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784433709914
  • NDC分類 336.98
  • Cコード C2034

内容説明

コロナ禍で増加する欠損金。中小企業が押さえておきたいポイントを解説!!一般の中小企業が活用できる制度に絞って簡潔に解説。令和3年度改正、そしてグループ通算制度の取扱いまでを押さえた最新の内容。制度の基礎知識から設例による申告書の調製までをフォロー。

目次

第1章 欠損金の繰越し・繰戻しの基礎知識(欠損金等の繰越控除制度;青色申告書を提出した事業年度の欠損金の繰越し ほか)
第2章 企業再生税制における欠損金の活用と留意点(会社更生による債務免除等があった場合の欠損金の損金算入;民事再生等の場合の欠損金の損金算入)
第3章 会社解散による欠損金の活用と留意点(期限切れ欠損金の損金算入;欠損金の繰戻しによる還付)
第4章 グループ通算制度による子会社の欠損金額の取込みと留意点(グループ通算制度の基本的な仕組み;損益通算及び欠損金の通算 ほか)

著者等紹介

宮森俊樹[ミヤモリトシキ]
税理士。昭和38年福島県生まれ。昭和63年大原簿記学校税理士課法人税法科専任講師。平成4年右山昌一郎税理士事務所入所。平成8年税理士登録。現在、税理士法人右山事務所代表社員・所長。東京税理士会会員講師、日本税務会計学会税法部門副学会長、税務会計研究学会委員、日本租税理論学会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。