リスクを移転し始めた不動産投資市場―移転したリスクはどこへ行くのか?

個数:

リスクを移転し始めた不動産投資市場―移転したリスクはどこへ行くのか?

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 255p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784433380182
  • NDC分類 338.12

目次

第1章 マーケティング戦略(マーケティング理論;都市マネジメントの変遷 ほか)
第2章 不動産市場の均衡(多様性の産物である不動産;市場の4象限均衡理論 ほか)
第3章 ビジネスの市場循環(期待収益率と景気循環;不動産投資ビジネスサイクル)
第4章 デットによる成長戦略(投資ビークル;レバレッジ ほか)
第5章 エクイティとリスクマネジメント(リスクの氾濫;リスクマネジメントの目的 ほか)

著者紹介

川津昌作[カワツショウサク]
1958年生まれ。1981年滋賀大学経済学部卒業。松下電器産業株式会社入社。1985年川津ビル株式会社代表取締役、川津商事株式会社代表取締役。現在、自ら不動産資産を運用しながら、不動産コンサルタントとして不動産の売買、仲介にも従事している。博士(経営学)名古屋学院大学大学院。インターネットWEBサイト『不動産何でも相談室』主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)