数学の最先端 21世紀への挑戦〈volume6〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 165p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784431711902
  • NDC分類 410
  • Cコード C3041

内容説明

巻を6回まで重ねた「数学の最先端」もこれで最終巻となる。現在進行しつつある研究の紹介から、これからの数学の方向、さらには数学と社会の関係まで、多岐にわたる話題が扱われてきた。本巻でもこれまでと同様、様々なトピックが取り上げられている。

目次

調和解析と組合せ論:互いにどれだけ寄与できるか?(J.ブルガン)
代数的積分(D.カジュダン)
剛性理論における問題と予想(G.マルグリス)
代数多様体上の有理曲線(森重文)
確率時代の夜明け(D.マンフォード)
規則性の限界(K.F.ロス)
数学についての地球外生物との会話(D.ルーエル)

著者等紹介

砂田利一[スナダトシカズ]
明治大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。