Springer university textbooks<br> 量子力学概論 (新装版)

Springer university textbooks
量子力学概論 (新装版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ キガイ判/ページ数 457p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784431100782
  • NDC分類 421.3
  • Cコード C3042

内容説明

基本的な概念の導入から量子力学の応用問題まで、量子物理学でもっとも基本的な考え方が身につく。重要な概念(不確定性関係・量子化・スピン・観測)、基本的な問題(調和振動子・水素原子・散乱・多体系)、数学的な構造(ヒルベルト空間・表現論・角運動量・S行列)などを1つ1つ詳しく解説。問題(解答つき)と例・図解によって直感的にも把握できるよう工夫されている。さらに、量子力学のパイオニア63人の略歴・業績・エピソードを盛り込んだ人物紹介によって、歴史的背景をふまえながら知識を深めることができる。

目次

物理量の量子化
輻射の法則
物質の波動性
量子力学の数学的基礎
連続スペクトルとデルタ関数
シュレーディンガー方程式
調和振動子
古典力学から量子力学へ
磁場中の荷電粒子
摂道論
スピン
非相対論的波動関数とスピン
量子力学における多体系の扱い方
同じ種類の粒子が複数ある系の記述方法
量子力学の理論形式
量子力学的世界像の実在論的問題

著者等紹介

伊藤伸泰[イトウノブヤス]
1986年東京大学理学部物理学科卒業。1991年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了、理学博士。現在、東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻准教授。専門は統計物理学、計算物理学

卓龍五[ハヤノリュウゴ]
1974年東京大学理学部物理学科卒業。1979年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了、理学博士。現在、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻教授。専門は原子核物理

川島直輝[カワシマナオキ]
東京大学物性研究所教授

河原林透[カワラバヤシトオル]
東邦大学理学部物理学科教授

野々村禎彦[ノノムラヨシヒコ]
独立行政法人物質・材料研究機構主任研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。