読書の冒険シリーズ<br> スラヴの真空―東欧・ロシアの20世紀末を遊覧する

読書の冒険シリーズ
スラヴの真空―東欧・ロシアの20世紀末を遊覧する

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 341p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784426674007
  • NDC分類 989
  • Cコード C0090

内容説明

東欧・ロシア(=旧ソ連)の80年代から90年代への文化ベクトルを解読。

目次

こんなにも世界は多様なんだ
ロシア語は乱れているか―ソ連解体とロシア語のゆくえ
ラトヴィア語を話す犬―ソ連邦崩壊後の民族対立
誤植の悲喜劇―忠実な党員が一転して反革命分子になる理由
漫画の後では手を洗え!―「人は誰でも、それなりに狂っている」
ポーランドから見たペレストロイカ―複雑な対ソ感情
魚汁から水族館へ―ポスト全体主義のメランコリー
存在しない天才的な贋作者―『イーゴリ軍記』をめぐる論争
イワン雷帝(の手紙)は実在したか?―キーナン教授の挑戦〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

m_s_t_y

3
ロシアや東欧の小説や映画や文化についてのエッセー。少し前のものなので、現在では状況は変わっているかもしれない。東欧の複雑さについては自分なりには勉強したつもりだったけど、より詳しく知ることができた。ポーランド性(ポルスコシチ)というものについても少しは理解できた気がする。読んでおいてよかった。2015/04/05

宵子

1
東欧の言語&文学を中心に語ったエッセーのようなもの。 ロシア以外の東欧についての上記の情報は結構少ないので、上記の地域の文学や言語に関心がある人にはお勧めできる。 余談だけど、スラヴィスト会議の参加者に親しい方がいて吹いた。2013/09/28

いわいち

0
1993年刊。ペレストロイカが進んだあたりのソ連時代。言語と民族主義との関わりなど、現在のウクライナ情勢を予言してるよう。思いのほか映画についての記述が多かったり、もの凄く面白かった。2014/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/472561

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。