はじめての社内起業―「考え方・動き方・通し方」実践ノウハウ

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

はじめての社内起業―「考え方・動き方・通し方」実践ノウハウ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月25日 14時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784426607852
  • NDC分類 336.1
  • Cコード C0034

出版社内容情報

会社の中から新たな事業を生み出す「社内起業」の実用書。事業の考え方から社内での動き方、企画の通し方まで必須プロセスを網羅。

会社員だからこそできる「起業」がある!

本書は、会社を辞めて起業する「独立起業」ではなく、社内で新たな事業を生み出す
「社内起業」に特化した実用書。
この1冊で、事業創出の「考え方」から社内での「動き方」、企画案の「通し方」まで、
「社内起業」ならではの必須ステップと基本ポイントがしっかり身につきます。

著者は、元リクルート新規事業開発室マネジャーで、自身も総合情報サイト「All About」を社内起業した経験を持つ、新規事業インキュベータの石川明氏。
これまで携わってきた新規事業は100社・1,500案件、
育てた企業内起業家(イントレプレナー)は3,000名超。
NTTなど大手企業で続々導入のリアルメソッド初公開です。

社内で新規事業開発を担当している方や新たに担当になった方、
将来、社内で自ら事業を立ち上げたいと考えている方必読の1冊です。

【著者紹介】
新規事業インキュベータ石川明事務所代表/早稲田大学ビジネススクール研究センター特別研究員 /SBI大学院大学MBAコース客員准教授◎リクルート社で7年間、新規事業開発室のマネジャーを務め、リクルート社の起業風土の象徴である社内起業提案制度「New-RING」の事務局として1,000件の事業案に携わる。◎2000年にリクルート社社員として「All About」社を創業し、2005年JASDAQに上場。10年間、事業企画・事業運営の責任者を務める。◎2010年、社内起業に特化し業務を請け負う事務所を設立し独立。以降、大手企業を中心に、新規事業の創出、新規事業を生み出す社内の仕組みづくり、創造型人材の育成に携わっている。◎リクルート社時代も含め、携わってきた新規事業・企業内起業家は、100社、1,500案件、3,000名。◎インキュベータとしての信条は、「起業する本人の思いやこだわりを尊重すること」「喜びや憤りへの共感と俯瞰する目線の両立」「当人より前には出ず、斜め後ろを伴走すること」著者Facebookページ:https://www.facebook.com/ishikaw

内容説明

「新規事業は雲をつかむ感じ。何から始めればいいのか…」「アイデアが浮かばない。『自由に考えろ』と言うけど…」「孤立無援。『敵』もいる。社内でどう動いたらいい?」etc.会社員だからこそできる「起業」がある!企業内起業家3,000名を育てた、元リクルート新規事業開発室マネジャーによるリアルメソッド!

目次

会社員だからこそできる「起業」がある
新規事業の基礎知識
新規事業担当者に求められるマインド
新規事業の担当になったらまずすべきこと
新規事業をつくり出す(どこへ「最初の一歩」を踏み出すか―検討範囲に当たりをつける;見つけた領域に勝機はあるか―ビジネスチャンスを探す;「アイデア」から「プラン」へ―事業のしくみを考える;「プラン」から「計画」に―事業企画書をまとめる)
事業企画書を社内でいかに通すか
プロ・識者が語る社内起業家の条件

著者等紹介

石川明[イシカワアキラ]
新規事業インキュベータ石川明事務所代表。早稲田大学ビジネススクール研究センター特別研究員。SBI大学院大学MBAコース客員准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Kousuke

5
「不」の徹底的な深掘りと、ポジティブフレーミング、事前に撤退基準を明確に、段階的な成功イメージを持つ、社内起業ならではのメリット・デメリット、経営者と目線を合わす。社内政治感が少しありますが、自分と世の中と会社の接点を探るなど俯瞰バランスもあります。これからのサラリーマンは、管理型思考だけでなく、創造型思考もいるので、僕も社内起業実践しようと思います2017/05/09

Masaru Yamada

4
7月から新規事業開発室を任される事になったが、手探りで自分の考えをまとめるためにも、すがる気持ちで本書を手に取る。アンゾフの成長マトリクス、マイケル・ポーターの競争戦略、フィリップ・コトラーのSPTなど戦略、マーケティングを少しでもかじったことがある人には馴染みがある方法も出てくるが、新規事業に対する考え方を体系的にまとめるには、参考になる書籍であった。やはり経験者の体験談は説得力がある。2021/07/16

すいへい

4
非常に参考になる。わかりやすく、親切な印象。自分の個別のケースを想像して読めば、役に立つ2019/12/07

まあさ

3
しっかりと整理されていて、とにかく丁寧な手ほどき本だった。巻末の表がとても役立ちそう。ゼクシィの事例に感心。2021/03/16

ヤムイチ

3
目的:新規事業化スキルを学びたい まとめ:社長(お客様)が意思決定しやすい様に作る。従来は管理系の能力が求められた時代だが、これからは創造系が必要。そのためには、新規事業スキルは必須。2017/03/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9780162

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。