美しい日本の一文字―国字が教えてくれる大切にしたい和のこころと風景

個数:

美しい日本の一文字―国字が教えてくれる大切にしたい和のこころと風景

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年06月16日 12時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 136p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784426129507
  • NDC分類 811.2
  • Cコード C0081

出版社内容情報

 二千年ほど前、日本列島をなす島々では、人々がやまとことばを話しながら暮らしていました。
そのことばには地域ごとに違いもあったことでしょう。
その中心である近畿や九州北部などの地に、中国大陸や朝鮮半島から、漢字という文字が伝来します。
 初めは、そこから渡来した人たちに漢字を教わりながら、漢文を読んでいましたが、
次第に先人たちは日本語を漢字で書く試みも始めます。
五、六世紀頃には、すでにそうした努力がなされていたことが明らかになっています。
 飛鳥時代になると、すでに習得した漢字に応用を加えて日本語を書き表そうとしはじめます。
不思議な力を感じる植物であるツバキは、大切なものなのにしっくりくる漢字がないようだから、
自分で作ってみよう。
ツバキは木の名前だから「松」「梅」のように木偏にして、
旁の部分には意味を考えて春に咲く字だから「春」と書こう。
このようにして、中国では「椿」はチンと読む別の木の名前でしたが、
それを知ってか知らずか、そこに意味を追加したわけです。
このような日本独自の字義を国訓と呼びます。
 海で穫れるイワシという魚を、文書や荷物に荷札として付けた木簡に書きとどめたい。
万葉仮名で「伊和之」と書いてみたけれど、三文字もあって長いし、
漢字の「鯉」「鮒」のような魚の名っぽさが字面から感じられない。
そこで、弱い魚だから「鰯」と作ってみよう、としたのです。
こうした日本製の漢字を国字と呼びます。
 国字や国訓は、江戸時代に幕臣の新井白石が作った用語でした。
国字だけでも集めてみると、数千種類はあるのですが、
日本語をすべて書き表すためのものではありません。
漢字だけで書いた文章から、平安時代には漢字仮名交じりの文章ができて、
出来合いの漢字を補うために、国字や国訓はさまざまな書き手によって作られ、
歴代のたくさんの人たちによって選ばれ、使われることで広まってきました。
 録音技術のない時代において、ことばは話すそばから消えていきましたが、
文字は書いた当時の紙や石碑などとともに時空を超えて残るものです。
それらの読み方は古語になったとしても、国字や国訓にどこかしっくりくるところがあるとすれば、

それは日本のことばを話す祖先たちの、自然が豊かな地で暮らす中で培ってきた感性や直観、
そして知性が込められているからではないでしょうか。
 国字に用いられたパーツの選び方とそれらの組み立て方には、
こちらに読み取ろうという気持ちさえあれば、意外な発想や繊細な情緒まで見出せるはずです。
中国や韓国に渡っていった国字まであります。
こうした国字のたぐいの中から、特にさまざまな情報が詰まっている字を選び、
その歴史や特質をわかりやすく記していきます。
これから一緒に一字ずつ眺めていきましょう。

(著者「はじめに」より)

内容説明

この土地で生まれ、この国で育まれたいにしえの人たちの暮らしを今に伝える。知られざるやまとの漢字。61文字。

目次

1章 山川に息づくいのち(凪 なぎ;欟 つき;畑 はたけ・はた ほか)
2章 人々の暮らし(噺 はなし;凧 たこ;匂う におう ほか)
3章 受け継がれるこころと知恵(俤 おもかげ ほか)

著者等紹介

笹原宏之[ササハラヒロユキ]
1965年、東京都生まれ。早稲田大学社会科学総合学術院教授。博士(文学)。『国字の位相と展開』(三省堂)で、金田一京助博士記念賞、立命館白川静記念東洋文字文化賞を受賞。デジタル庁の「行政事務標準文字」、経済産業省の「JIS漢字」、法務省法制審議会の「人名用漢字」、文部科学省文化審議会の「常用漢字」、NHKの放送用語などの制定・改正・改定にも携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遠い日

5
国訓、国字。その成り立ちきれいなイラストもつけて紹介。知っているし、普通に使われている国字もたくさんありましたが、「この字、よく考えられたおもしろい漢字だなぁ!」という珍しい、見たこともないような漢字に惹きつけられました。ここで検索しても出てきません。颪、梻、糘などがかろうじて。2024/06/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21743295
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。