不良という矜持

個数:

不良という矜持

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年12月04日 10時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784426125714
  • NDC分類 159
  • Cコード C0095

目次

第1章 不良老年は、自分に「汲めども尽きせぬ興味」を持つ
第2章 不良老年は、「世間の枠」にはまらない
第3章 不良老年は、「飛ぶ覚悟」を持っている
第4章 不良老年は、自分だけの「秘め事」を持っている
第5章 不良老年は、「本物」をとことん追求する
第6章 不良老年は、自分の最期を楽しんで演出する

著者等紹介

下重暁子[シモジュウアキコ]
1936年生まれ。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。アナウンサーとして活躍後フリーとなり、民放キャスターを経て文筆活動に入る。丹念な取材をもとにしたノンフィクションから家族や生き方をテーマにしたエッセイ、評論、小説まで幅広い作品群がある。公益財団法人JKA(旧・日本自転車振興会)会長などを歴任。現在、日本ペンクラブ副会長、日本旅行作家協会会長を務める。主な作品に、ベストセラーとなった『家族という病』『極上の孤独』『年齢は捨てなさい』(幻冬舎新書)、『天邪鬼のすすめ』(文春新書)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「丸くなったね」なんて、言われたくない。
「目障りなやつ」で、いいじゃない。

大ベストセラー『家族という病』『極上の孤独』著者、最新作!

不良とは、枠にはまらぬ自由な人間のことである。
矜持(きょうじ)とは誇りとかプライドという意味である。
しかし単なる誇りやプライドではなく、自分の中で秘かに芽を出し、
水をやり少しづつ育ててきた確固たる信念のようなものだ。