隈研吾 鎌倉に「小さな英国アンティーク博物館」をつくる訳

個数:

隈研吾 鎌倉に「小さな英国アンティーク博物館」をつくる訳

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月03日 15時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 132p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784425985418
  • NDC分類 756.8
  • Cコード C0052

目次

1 鎌倉と英国を結ぶヒトとモノの深い繋がり(鎌倉―英国アンティーク博物館 隈研吾;対談 過去と未来を繋ぐ建築)
2 BAM建築とは、最新技術を施した鎌倉彫のファサードによる木質化(土地の話;ファサードと鎌倉彫;家具職人の技術 ほか)
3 ようこそ、英国のアンティーク博物館「BAM鎌倉」へ(1st Floorヴィンテージフロア;Staircase階段;2nd Floorジョージアンルーム ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まっと

21
鎌倉と英国、建築家の隈研吾さんにとってはどちらも縁のある地だった。彼の手がける建築はどれも惹かれるものがあるが、今回の博物館、表紙の写真の感じとあの段葛とがどんな感じで調和しているのか、観に行きたくなる。鎌倉彫を模したルーパーで覆われた外観、ロンドンキャブが入口で迎えてくれ、英国のアンティークで満たされた階段室と各階の展示を経て最後は鶴岡八幡宮の鳥居を掛け軸のイメージで切り取るかのような小窓からの風景を楽しむ。そんな一連の流れはちょっと体験してみたい、そんな気持ちを沸き立たせてくれる1冊だった。2024/01/06

ganesha

5
鶴岡八幡宮のすぐそばにオープンした英国アンティーク博物館の館長と設計者の対談、建物内外や周辺の写真をまとめた一冊。近代英国に関するコラムもあり、むずかしくなく、楽しく読了。2022/11/04

kaz

2
さすが隈研吾という建築。外壁に鎌倉彫のテイストがあらわれていて、興味深い。図書館の内容紹介は『鎌倉のメインストリートに誕生した英国アンティーク博物館「BAM鎌倉」。隈研吾のインタビューを通じて、鎌倉に英国アンティーク博物館を立てる意義を解説。BAM建築を構造面から説明し、フロアごとのテーマなども紹介』。 2023/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20254224
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。