交通ブックス<br> 海外鉄道プロジェクト―技術輸出の現状と課題

個数:
  • ポイントキャンペーン

交通ブックス
海外鉄道プロジェクト―技術輸出の現状と課題

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 268p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784425762514
  • NDC分類 516
  • Cコード C1365

内容説明

台湾新幹線をはじめとして、現在、日本企業の海外鉄道プロジェクトへの参加が加速しています。とくにアジア圏では、都市交通整備の柱として鉄道需要が高まっており、地下鉄や高速鉄道の建設で数多く計画されています。一方、日本企業がこれら計画に携わるためには、日本国内とは大きく異なるプロジェクトの実行体制や商慣行、また技術上の課題を乗り越えなければなりません。本書では、海外における鉄道計画プロジェクトの特徴とその一連の流れについて順を追って解説しています。

目次

鉄道整備のファイナンス
海外案件とコンサルタント
海外案件の流れ(事前調査から実施契約まで)
海外案件の流れ(発注から完成まで)
技術基準
日本の鉄道技術と国際規格
輸送計画
技術上の課題
車両保守と車両基地
鉄道施設の保守と保守用設備
安全認証

著者紹介

佐藤芳彦[サトウヨシヒコ]
1945(昭和20)年生まれ、1971(昭和46)年東京工業大学大学院修士課程修了、同年日本国有鉄道入社後、車両設計および保守計画に従事、そのうち1990‐1995年JRパリ事務所勤務、2005年海外鉄道技術協力協会常務理事、2008年サトーレイルウェイリサーチ代表取締役、インド、ベトナムおよびインドネシアの鉄道建設プロジェクトに従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)