交通ブックス
LRT(ライトレール・トランジット)―次世代型路面電車とまちづくり

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784425761814
  • NDC分類 686.9
  • Cコード C1365

出版社内容情報

先進国で取り入れられる次世代型路面電車の概要を解説。他の交通機関との連動性や海外・日本の事例、まちづくりの成功例などを紹介。

内容説明

「人にやさしい」「環境にやさしい」都市交通―LRT。先進国で次々に取り入れられる次世代型路面電車は、街にどのような恩恵をもたらすのか。本書は歴史的経緯から特徴、まちづくりと経済効果、市民意識の重要性などを解説。LRT導入により豊かなまちづくりを実現した海外および日本の事例も豊富に紹介し、LRTの本質に迫る。

目次

路面電車からLRTへ
LRTの特徴
持続可能なまちづくりとLRT
LRTの経済学
LRTと市民
LRTの新たな展開(多様化・個性化による役割の拡大;技術進歩による新境地)
日本の課題

著者等紹介

宇都宮浄人[ウツノミヤキヨヒト]
1960年生まれ。京都大学経済学部卒業。日本銀行に勤務。専門は、経済統計、日本経済。交通問題に関する著作も多い。日本交通学会等会員。『路面電車ルネッサンス』(新潮社、第29回交通図書賞受賞)、ほかの著書がある

服部重敬[ハットリシゲノリ]
1954年生まれ。富山大学経済学部卒業。名古屋鉄道(株)に勤務。1980年代に米国における路面電車の復活を見て以来、まちづくりにおける軌道系交通のあり方に関心を持ち、世界の都市交通を調査研究している。日本交通学会等会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁冊

0
富山市の路面電車もドイツ製だと、昨夜のケンミンショーでやっていた(日テレ系)が、従来の路面電車の役割をはるかに超えるLRTの魅力が感じられる。特に、乗り降りのしやすさ。低床ゆえに、ユニバーサルデザインといえるだろう。富山市の「お団子と串のまちづくり」(p.76)では、市民からすれば、通勤や買い物の利便性を高めており、富山の「ポートラム」を全国から視察される理由もわかる気がした。2012/06/15

パパ

0
LRT(ライトレールトランジット)は、改良された路面電車といった感じの軌道のことで、新たな街づくりの核となるインフラとして、着目されだしている。バスに比して定時性、輸送力、シンボル性・存在感(あることが住民に認知されやすい)、環境面ですぐれている。著者によれば、日本の地方都市では、ホームのある鉄道駅からも平面の路面電車の停留場からも乗車できるよう、扉に乗降用のステップのある電車が軌道と鉄道を直通運転する「トラムトレイン」と呼ばれる形式のLRTが、最も導入に適している。2012/02/04

ぎりのすけ

0
ただの鉄道本ではなく、都市(まち)のあり方論。公共交通機関に対する取り組みが街の質を変えることが定量的に述べられている。「町」が「街」であるためには、賑わいが「点」ではなく「面」として存在しなければならない。車では、それはできない。 ★★★★2011/04/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2323279

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。