交通ブックス<br> 本州四国連絡橋のはなし―長大橋を架ける

個数:

交通ブックス
本州四国連絡橋のはなし―長大橋を架ける

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 170,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784425761111
  • NDC分類 515.57
  • Cコード C1365

内容説明

世界で最も長い吊橋「明石海峡大橋」―その支間長1991m。想像を超えるスケールの「本州四国連絡橋」を実現させた技術とは?まさに最先端、世界に誇る長大橋建設のはなし。

目次

第1章 本四架橋のあゆみ
第2章 橋の規模と種類
第3章 長大吊橋の建設
第4章 長大斜張橋の建設
第5章 橋を守る
第6章 世界に広がる本四連絡橋技術
第7章 架橋効果

著者紹介

藤川寛之[フジカワヒロユキ]
昭和15年香川県三豊郡高瀬町生まれ。高松高校、京都大学大学院修了。昭和39年建設省に入り、主に道路畑を歩く。道路局企画課長、九州地方建設局長から道路局長。平成7年7月本州四国連絡橋公団理事となり、平成8年1月から副総裁、平成12年6月から総裁