交通ブックス
鉄道線路のはなし (新訂)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 226,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784425760244
  • NDC分類 516
  • Cコード C1365

内容説明

鉄道を安全かつ円滑に運行する、大切な役目をになう線路。その実態を、線路をとりまくマクロ・ミクロの視点から丁寧に解説する。線路の基礎・仕組みや対する取組みがよくわかる一冊。

目次

線路とは
輸送機能からみた鉄道の分類
鉄道線路をどこに通すか―その基本論
鉄道線路をどこに通すか―その具体論
線路の規格に関する技術上の基準
曲線とこう配
線路の施設1―運転のための施設
線路の施設2―営業のための施設
線路の構造1―軌道
線路の構造2―構造物
線路の保守
線路の改良

著者紹介

西野保行[ニシノヤスユキ]
昭和7年1月東京府滝野川町生まれ。昭和30年3月京都大学工学部土木工学科卒業。昭和32年3月京都大学大学院工学研究科(土木工学専攻)修士課程修了。昭和32年5月東京都交通局に就職。昭和57年8月東京都交通局高速電車建設本部計画部長。昭和58年4月東京都都市計画局参事(多摩都市モノレール計画担当)。昭和63年3月東京都交通局工務部長。平成3年3月東京都交通局理事。退職。平成3年3月首都圏新都市鉄道(株)常務取締役。平成9年6月同上退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)