中世の人間観と歴史―フランシスコ・ヨアキム・ボナヴェントゥラ

個数:
  • ポイントキャンペーン

中世の人間観と歴史―フランシスコ・ヨアキム・ボナヴェントゥラ

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 282,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784423460467
  • NDC分類 198.22

内容説明

人間の尊厳、歴史の進歩の肯定―ルネサンス思想の基盤をなすこの二つの近代的精神は、中世キリスト教世界の中で徐々に形成された。本書は十二・十三世紀の三人の宗教思想家、フランシスコ・ヨアキム・ボナヴェントゥラに焦点を当て、彼らの思想がフランシスコ会の設立、発展を通じて如何に融合し、近代的精神の宗教的母型を作り出したかを探る、著者四十年の研究の集大成。

目次

第1章 フランシスコ会の創立をめぐって
第2章 アシジのフランシスコと宗教運動
第3章 アシジのフランシスコとカタリ派
第4章 フランシスコ会の教団組織について
第5章 フランシスコ会における党派対立の原因について
第6章 ボナヴェントゥラとアリストテレス哲学の関係
第7章 ボナヴェントゥラのフランシスコ伝について
第8章 ヨアキムの歴史神学とスコラ学者―トマスとボナヴェントゥラ
第9章 ボナヴェントゥラの歴史神学とフィオレのヨアキム
第10章 ボナヴェントゥラの歴史神学におけるキリストの位置