アメリカ的理念の身体―寛容と良心・政教分離・信教の自由をめぐる歴史的実験の軌跡

個数:
  • ポイントキャンペーン

アメリカ的理念の身体―寛容と良心・政教分離・信教の自由をめぐる歴史的実験の軌跡

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 14時55分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 273,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784423171530
  • NDC分類 311.1

内容説明

本書は、「寛容と良心」「政教分離」「信教の自由」という倫理学上の鍵概念をめぐる哲学的探求であると同時に、それらが初期アメリカ社会の歴史においてどのような実験と紆余曲折を経てきたかを尋ねる政治学的な探求である。

目次

第1部 寛容論と良心論―歴史的文脈と今日的射程(中世的寛容論から見た初期アメリカ社会の政治と宗教;「誤れる良心」と「愚行権」―中世から近世への神学的系譜;「誤れる良心」と「偽れる良心」をどう扱うか―現代寛容論への問いかけ;人はなぜ平等なのか―平等の根拠としての「良心の自由」)
第2部 政教分離論―発展期の錯綜と現代の憲法理解(初期アメリカ社会における政教分離論の変容と成熟;ロジャー・ウィリアムズの孤独―規制原理としての分離主義と構成原理としての許容主義;さまよえる闘士―ロジャー・ウィリアムズ評価の変遷と今日の政教分離論;教会職と政治職―兼任の禁止と解禁の論理)
第3部 信教の自由論―プロテスタント的な自由競争原理の帰結(プロテスタント的な大学理念の創設―初期ハーヴァードのリベラルアーツと神学教育;ジョナサン・エドワーズと「大覚醒」の研究史;反知性主義の伝統と大衆リヴァイヴァリズム―Harvardism,Yalism,Princetonismをぶっとばせ;キリスト教の女性化と二〇世紀的反動としての男性化)

著者紹介

森本あんり[モリモトアンリ]
1956年神奈川県生まれ。国際基督教大学、東京神学大学大学院、プリンストン神学大学修了(Ph.D.)。現在、国際基督教大学哲学宗教学デパートメント教授・学務副学長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)