ライプニッツの認識論―懐疑主義との対決

個数:
  • ポイントキャンペーン

ライプニッツの認識論―懐疑主義との対決

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 317,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784423171394
  • NDC分類 134.1

内容説明

「自由意志」と「連続体合成」を哲学の二つの「迷宮」と表現したライプニッツは、実はそのさらに奥に広がる第三の迷宮、「知識の迷宮」を探索していた。かれは「懐疑主義の危機」の時代を生き、今日でも懐疑主義との対話を真剣な問題とする人々の共通する友人たる資格をもつ哲学者である。しかし、懐疑主義をめぐるライプニッツの考察のドキュメントとロジック、そしてその認識論上の意義が十分に解明されてきたとは言い難い。本書はこの点に注目し、ライプニッツが旅した知識の迷宮の冒険に光を当てるだろう。読者は、この冒険旅行に登場する「懐疑主義者たち」の多様な広がりに驚かされるに違いない。こうして見いだされたライプニッツの認識論は、時としてわたしたちを陥れる坑し難い力をもつ、懐疑の渦、知識の迷宮からの脱出のための「アリアドネの糸」なのである。

目次

序 ライプニッツの哲学を認識論として読む
第1章 懐疑主義と認識論―ライプニッツ読解の一視角
第2章 論理と認識―論理主義的ライプニッツ解釈の批判
第3章 認識と言語―構造的類比の「意味論」
第4章 認識と方法―類比・発見・最適
第5章 認識論とモナドロジー

著者紹介

松田毅[マツダツヨシ]
1956年岡山県生まれ。1979年京都大学文学部卒業。1985年京都大学大学院単位習得退学。1986年より1989年ドイツ学術交流会奨学生(ドイツ連邦共和国ブラウンシュバイク工科大学およびオスナァブリュック大学留学)。1992年九州芸術工科大学芸術工学部助教授。1997年神戸大学文学部助教授。2003年神戸大学文学部教授。Ph.D.オスナァブリュック大学