アウグスティヌスの探求構造

個数:
  • ポイントキャンペーン

アウグスティヌスの探求構造

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 362,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784423170991
  • NDC分類 132.1

内容説明

本書は、アウグスティヌスの『告白』と『独白』を主要な典拠として、アウグスティヌスの探求構造に関する新しい分析と解釈の可能性を示そうとするものである。

目次

序章 人称存在論的な自己認識論・他者認識論の試み
第1章 『告白』冒頭の構造と「呼びかけ」
第2章 「私が言い表せるようにあわれみたまえ」Miserere ut loquar―『告白』冒頭の構造に照らして
第3章 アウグスティヌスにおける場所的表現の意味
第4章 泣くことはなぜ甘美であるのか
第5章 『告白』の記憶論における場所的空間的探求の意味
第6章 『告白』における時間論の構造
第7章 『独白』冒頭の構造と「呼びかけ」
第8章 『独白』における他者認識と自己認識と神の認識との相関性
第9章 私はあなたへと信じる―『ヨハネ福音書講解』二九・六における信論の展開
第10章 呼ぶ・呼びかける・呼び求める
第11章 アウグスティヌスにおける叫びの構造