行為―生の批判と実践の学の試み

行為―生の批判と実践の学の試み

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 669p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784423170717
  • NDC分類 151.2

内容説明

本書はモーリス・ブロンデルのソルボンヌ大学における学位論文で、刊行後、思想・宗教界に多大な論争を巻き起こした古典的著作である。著者は最も始元的な感覚的経験から出発して、自然的次元を超える「超自然的なもの」の肯定に至るまで、行為の必然的展開の諸段階を綿密に分析することにより、行為の有する力動的な超越性と諸契機を総合する〈絆としての行為〉を解明する。

目次

第1部 行為の問題は存在するか
第2部 行為の問題の解決は否定的であるであろうか
第3部 行為の現象
第4部 行為の必然的存在
第5部 行為の完成