もしも紫式部が大企業のOLだったなら 大鏡篇

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり
  • 動画あり

もしも紫式部が大企業のOLだったなら 大鏡篇

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月22日 03時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 158p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784422910307
  • NDC分類 913.423
  • Cコード C0092

出版社内容情報



平安の雅な世界を現代に置き換えた大人気コミック『もしむら』に待望の続編が登場!
今回のテーマは古典の授業でおなじみ『大鏡』。
スキャンダルあり、リベンジあり、怨霊あり、パンデミックあり……、
風流なだけじゃ生きていけない”いみじき”平安宮廷ライフをポップに描く、笑って学べる文学読本です。

***

長い歴史を持ち、日本を代表する大企業・株式会社 内裏商事。
同社副社長・彰子の秘書で、人気同人小説『源氏物語』の作者でもある紫式部は、広報部に異動し社史『栄花ストーリィズ』をウェブ連載している同僚・赤染衛門に、執筆協力を依頼される。
社内で絶大な権力を握る取締役&筆頭株主・藤原道長常務に気を遣いつつ、読者が喜ぶ魅力的な連載にするために資料を探そうと社史編纂室を訪れた式部たちが出会ったのは、謎の老人3人組!
うたてげなるアラトゥーハンドレッドの長老らが超人的な記憶力をもって語る内裏商事の泥沼権力闘争とスキャンダルの数々を、式部たちはキラキラ社史に書き換えられるのか!?

***

《『大鏡』とは?》
平安後期に書かれた作者不詳の歴史物語。3人の長老の昔語りに、若侍が合いの手を入れる形で展開する。藤原氏の栄華を中心に、文徳~後一条天皇までの176年間の歴史を、権力闘争や謀略事件、スキャンダルまで、批判と称賛を交えつつ色鮮やかに描いている。

内容説明

スキャンダルあり、リベンジあり、怨霊あり、パンデミックあり…!?平安の雅な世界を現代に置き換えて描く『もしむら』待望の続編!古典の授業でおなじみ『大鏡』が超身近になる、お笑いマンガ読本。

目次

第1部 社史編纂室編(怪奇!?社史編纂室!;トキメキ!栄花ストーリィズ! ほか)
第2部 社長列伝編(社長列伝はじまりはじまりー;アラサーと高校生? ほか)
第3部 女の園の村上編(村上社長の鬼嫁日記;ちょっと待て村上社長! ほか)
第4部 傲岸不遜!兼家編(そーゆーとこだぞ、兼家!;炎上!セクハラ部長公任 ほか)
第5部 オフィスは今日も大忙し編(行成室長の憂鬱;完全無欠の強運男!道長伝説 ほか)

著者等紹介

井上ミノル[イノウエミノル]
イラストレーター&ライター。1974年神戸市生まれ。甲南大学文学部卒。広告代理店などを経て、2000年にイラストレーターとしてデビュー。生来の国文好きを生かして、2013年にコミックエッセイ『もしも紫式部が大企業のOLだったなら』を刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

spatz

10
楽しかった!パンデミックはいつの世も繰り返し起きてきた。そして、人々が恐れるのも当然なほど、何か悲劇的なことや陰謀の後には、たたるように天変地異が起きたり人が亡くなったりする。年表にされるとゾッとする。この世ならぬものを信じるこころはずっと強かっただろう。女性は子供を産む道具、とされるのが摂関政治だ、ということ。この血筋が、今現在も論争になっているのだということを思わずにはいられない。今とは当然かなり違うモラルの中で続いてきた血統なのだなと。 #NetGalleyJP Wish当選でゲラ頂戴しました。多謝2022/01/22

たなべそら

4
学生時代に出会いたかった。古典は苦手意識があり、登場人物達の関係性もよく理解できず、ほろ苦い思い出がある。これを手始めに読んでいたら、もっと前向きに取り組めたはず。それほどわかりやすく面白かった。漫画と解説が交互に展開されるので、飽きずに読み進められる。1,000年も前に生きていた人たちを現代に置き換えてみると、現代にも通じるところが多々あり、身近に感じることができた。最後に系図と年表があるので、そちらを確認しながら読むと、人間関係なども理解しやすい。勇気を出して大鏡読んでみよう。#NetgalleyJP2022/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19151989

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。