鴨長明

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

鴨長明

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月23日 18時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422800592
  • NDC分類 914.42
  • Cコード C0381

出版社内容情報

「ゆく河の流れは絶えずして……」。『方丈記』が書かれて今年で800年。運命の転変を生きた長明の言葉からその思いを探る。

「ゆく河の流れは絶えずして……」。この有名な名文で始まる『方丈記』が書かれて、今年で800年。作者・鴨長明はこの作品で、地震、竜巻、大火、飢饉などの天変地異の恐ろしさを述べるとともに、どのように無常の世を生きるかを自問し、さらに歌論『無名抄』や仏教説話集『発心集』で人間の心のありようを提示している。運命の転変を生きた長明の言葉からその生きざまと内なる思いを読み解く本書は、現代の啓発の書である。

内容説明

「ゆく河の流れは絶えずして…」この名文で始まる『方丈記』が書かれて、ちょうど800年―大地震や竜巻などを経験し、運命の転変を生きた鴨長明の心のありようが、いま私たちを啓発する。

目次

言葉編(自然へのまなざし(川の流れに無常を感じる;災害の強烈な情景を目して ほか)
さまざまな問いかけ(時のうつろいの中で;なぜ生き続けるのか自問する ほか)
心、その不思議さ(子を思う心のあわれさよ;生か死かと迷うどうしようもない思い ほか)
死への思いのあれこれ(死への衝動をどう超えるか;人はどこから来て、どこへ行くか ほか))
生涯編(略年譜;鴨長明の生涯)

著者等紹介

三木紀人[ミキスミト]
1935年、東京生まれ。東京大学卒業、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。お茶の水女子大学教授などを経て、城西国際大学客員教授、お茶の水女子大学名誉教授。専門は日本中世文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

残心

0
「方丈記」「発心集」などから、ほんの一文だけ持ってきて、それに解説を加えるという繰り返し。 いろいろな情報がバラバラにやってくるが、相当の長明ファンでもない限り、何を読んでいるのか収拾がつかなくなるのでは? まあそれは、自分に知識が不足していただけかもしれません。(ななめ読み)2021/09/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5569103

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。