宇宙のすがたを科学する

個数:
  • 動画あり

宇宙のすがたを科学する

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月24日 16時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4判/ページ数 47p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784422760650
  • NDC分類 E
  • Cコード C0744

出版社内容情報



古代や中世の学者から、コペルニクス、ガリレイ、アインシュタイン、そして最新の宇宙理論まで、さまざまな宇宙の想像図を紹介。宇宙って風船みたいに丸い?
それともクレープみたいに平たい?
古代ギリシア人の考えた宇宙ってどんなの?
アインシュタインの目には宇宙はどんなふうに見えてたの?
コズミックウェブ(宇宙のクモの巣)ってどういうこと?
多元宇宙ってどんな姿をしているの?

古代や中世の学者から、コペルニクス、ガリレイ、ニュートン、アインシュタイン、そして現代の宇宙観や最新の宇宙理論まで、これまで私たちはどんなふうに宇宙の姿を描いてきたのか、そして描いていくのでしょうか?

著者のギョーム・デュプラは科学の歴史を丹念に調べ、さまざまな宇宙の想像図を集め、この本の中で紹介しています。

難しい考えをわかりやすく伝えるために、科学者はいろいろなイメージを用いて説明をします。膨張する宇宙を風船にたとえたり、宇宙の構造をスポンジを使って説明したり、多元宇宙の姿を泡の様子で表そうとしたり。

宇宙の姿を解明するという壮大なチャレンジに挑んだ人類の軌跡が、味わい深いイラストを通してわかる学習しかけ絵本。親子でいっしょに楽しめる一冊です。
 

◆これまでの宇宙――古代ギリシアの宇宙観からビッグバン理論まで

古代ギリシア人の宇宙/球状の宇宙/無数の世界/中国人の天空/アラビアの天球/天動説/地動説/無限の回帰/新たな視界/ニュートンの宇宙空間/銀河系中心の宇宙像/アインシュタインの宇宙/フリードマン‐ルメートルの宇宙モデル/膨張する宇宙/ビッグバン!

◆現在の宇宙――科学的観測にもとづいて

観測可能な宇宙/コズミックウェブ/銀河から素粒子まで

◆未来の宇宙――科学者たちの思索

錯覚のいたずら?/宇宙はどのように終わる?/別世界への抜け道?/多元宇宙/あり得るかもしれない宇宙

ギヨーム・デュプラ[ギヨーム デュプラ]
著・文・その他

渡辺 滋人[ワタナベ シゲト]
翻訳


内容説明

宇宙って風船みたいに丸い?それともクレープみたいに平たい?宇宙の姿を解明するという壮大なチャレンジに挑んだ人類の軌跡が、味わい深いイラストを通してわかる学習しかけ絵本。親子でいっしょに楽しめる一冊。

目次

これまでの宇宙―古代ギリシアの宇宙観からビッグバン理論まで(古代ギリシア人の宇宙;球状の宇宙;無数の世界 ほか)
現在の宇宙―科学的観測にもとづいて(観測可能な宇宙;コズミックウェブ;銀河から素粒子まで)
未来の宇宙―科学者たちの思索(錯覚のいたずら?;宇宙はどのように終わる?;別世界への抜け道? ほか)

著者等紹介

デュプラ,ギヨーム[デュプラ,ギヨーム] [Duprat,Guillaume]
古今東西の宇宙観や宇宙イメージを収集・研究し、その成果を誰でも分かるような作品にしている絵本作家。著書『地球のかたちを哲学する』(西村書店)で、2009年度のボローニャ国際児童図書賞(ノンフィクション部門)およびフランス青少年図書賞を受賞

渡辺滋人[ワタナベシゲト]
訳書に『仕掛絵本図鑑動物の見ている世界』『親子で学ぶ数学図鑑』、共訳書に『ブライアン・コックス宇宙への旅』(いずれも創元社)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

booklight

24
古代から最新の宇宙論を絵で見てわかるように解説。なんとなくで理解していたことが絵で描いてあるので、そういうことかと納得。パラパラとめくるだけでも楽しい。何もない空間にふつふつと宇宙が湧いてくる絵は、その不思議さが少しだけ実感できた。超ひも理論は、実感できなかったけど。2019/01/27

ロア

11
宇宙はドーナツ型であるに一票!(*´ω`*)2021/09/11

おはなし会 芽ぶっく 

11
6年生国語科単元『書評を書いてみよう』の選書。読書カードを書いてみようという単元を中学年でやりましたが、今回は書評。ポイントとして【テーマ】【著者の紹介】【作品の背景】【本の内容】【評価】と分けて説明しました。この本のテーマは【宇宙】 しかけ絵本。時系列になっているので話を追いやすい。2020/12/02

あひる

1
宇宙には、知られざるものがたくさんあります。じっくり読ませていただきました。 2021/01/19

river1031

1
仕掛け絵本として楽しめる。けど書いてある内容は難しい。私たちの想像に反して、正確には「ビックバン」とは原初の大爆発ではないし、宇宙の起源かどうかも分かりません。「ビックバン」とは宇宙進化のある段階を記述したもの、というのが妥当なところでしょう。そうなのか。全てを理解し解きあかそうとするとキリがないが、眺めているだけで楽しい絵本。子供は今見えている宇宙は全てブラックホールの中なんだという仮説を立てていた。2020/01/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13175771
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。