世界で一番美しい深宇宙図鑑―太陽系から宇宙の果てまで

個数:
電子版価格 ¥4,180
  • 電書あり
  • 動画あり

世界で一番美しい深宇宙図鑑―太陽系から宇宙の果てまで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 12時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4判/ページ数 224p/高さ 26X27cm
  • 商品コード 9784422450018
  • NDC分類 440
  • Cコード C0044

出版社内容情報



「深宇宙」とは太陽系の外に広がる宇宙のこと。500枚以上の写真と想像図で、新発見の太陽系外惑星など、最先端の情報を網羅。

太陽系の外に広がる広大な宇宙の謎を探る旅へようこそ。星団・星雲、銀河、ブラックホール、そして宇宙の果てへ。旅の主役は500枚以上におよぶ圧倒的に美しい写真と想像図。新発見の太陽系外惑星から膨張宇宙、星団や銀河が作る大規模構造、星の形成、恒星での元素合成、惑星や生命の起源まで最先端の情報が満載。地上の大型天体望遠鏡や宇宙望遠鏡の発展によって「ヴィジュアルサイエンス」へと進化した深宇宙天文学の集大成。

はじめに
太陽系
天文学の歴史
星の誕生
望遠鏡
恒星と惑星
星の死
天の川銀河
宇宙望遠鏡
局部銀河群
銀河
宇宙へ向けて開かれる窓
銀河団
宇宙
星図
写真・図版クレジット
索引

【著者紹介】
1956年生まれ。国際的に知名度の高いオランダの天文学ライター。オランダのプラネタリウムでプログラムディレクターを務めた経験も持つ。科学誌『ニュー・サイエンティスト』や天文学誌『スカイ・アンド・テレスコープ』、『スカイ・アット・ナイト』などの常連寄稿者で、著書も多数。彼の天文学普及への貢献を評価した国際天文学連合によって、2007年に小惑星10986が「ホヴァート」と命名された。本書以外に、『星空の400年─天体望遠鏡の歴史と宇宙』(共著、丸善)、『ツイッター宇宙講座』(共著、ブックマン社)が邦訳されている。オランダのアメルスフォールト市在住。

内容説明

さあ出かけよう、太陽系の外に広がる広大な宇宙の謎を探る旅に。圧倒的に美しい写真とともに、星雲へ、銀河へ、ブラックホールへ、そして観測可能な宇宙の果てへ。何百枚もの鮮烈な写真とイラストレーションに加えて全天の星座や主な天体を網羅した14枚の星図が付いた本書は、宇宙の美しさと神秘に魅せられたすべての人にとって必携の書といえるでしょう。

目次

太陽系
天文学の歴史
星の誕生
望遠鏡
恒星と惑星
星の死
天の川銀河
宇宙望遠鏡
局部銀河群
銀河
宇宙へ向けて開かれる窓
銀河団
宇宙
星図

著者等紹介

スヒリング,ホヴァート[スヒリング,ホヴァート] [Schilling,Gobert]
1956年生まれ。国際的に知名度の高いオランダの天文学ライター。オランダのプラネタリウムでプログラムディレクターを務めた経験も持つ。科学誌『ニュー・サイエンティスト』や天文学誌『スカイ・アンド・テレスコープ』、『スカイ・アット・ナイト』などの常連寄稿者で、著書も多数。彼の天文学普及への貢献を評価した国際天文学連合によって、2007年に小惑星10986が「ホヴァート」と命名された。オランダのアメルスフォールト市在住

生田ちさと[イクタチサト]
鳥取県米子市生まれ。宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所准教授/広報担当。東京大学大学院理学系研究科天文学専攻にて理学博士号を取得。日本学術振興会海外特別研究員、国立天文台助手、同広報室長を経て2014年12月より現職。専門は銀河天文学と科学コミュニケーション

武井摩利[タケイマリ]
翻訳家。東京大学教養学部教養学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Toshiyuki Maeda

42
図書館本。ハッブル宇宙望遠鏡の撮影した写真を見たとき、そのあまりの美しさに息をのんだ。日本の誇るすばる望遠鏡を超える巨大な望遠鏡がハワイやチリで建設中らしい。将来が楽しみ。2017/08/02

小木ハム

23
黒背景に惑星や銀河団の輝きが映える図鑑。写真だけでなく想像図もたくさんあります。一光年は9.5兆キロメートルで、光の速さで一年かかる距離なのだけど『地球から◯◯万光年離れた銀河』とか規模があまりにも大きすぎてもはやワケワカメ、宇宙の果てなきスケールを味わえる。天の川銀河の中の、太陽系の中の地球なんて塵芥みたいなものだ。『宇宙には太陽によく似た星がたくさんある』という記述を見て、こりゃ地球によく似た星もきっとあるんだろうなぁと思うのでした。個人的にブラックホールの不気味で不思議な存在感が子供の頃から好き。2020/03/29

宇宙猫

19
★★ 見慣れた写真が多くて、世界一美しいというのは自信過剰じゃないかな。2018/07/24

こゆ

16
5歳と一緒に私が読みたくて。パラパラと読んだだけだが、やっぱり宇宙って神秘的で楽しい。名前通り、本当に美しい図鑑。ブラックホールの不思議たるや、全然宇宙に詳しくなくても、ロマンを味わうことができる大人向けの図鑑。もちろん宇宙好きな子どもにもおすすめ。2019/11/20

秋良

12
本当に美しい。そしてスケールがでかい。だんだん基準がおかしくなってきて、「地球からの距離約700光年」とか書いてあると「え、近いじゃん」て思ってしまう。ぜんぜん近くないのに(笑)発行から少し経っているので、ブラックホールの撮影に成功した話はまだ載ってない。2020/03/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10122093

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。