死後も生きる〈意識〉 - ここではないどこかへの旅

個数:
電子版価格
¥2,420
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

死後も生きる〈意識〉 - ここではないどこかへの旅

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月15日 22時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 320p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422410975
  • NDC分類 491.358
  • Cコード C0047

出版社内容情報

死を前にした大きな不安を和らげるために生まれた、様々な宗教。しかし、来世や転生を盲信できない人は、どうやって死を受け入れればよいのか。本書は、そんな現代人の不安に応える、新しい「往生術」である。著名なイギリスの神経精神医学者とその妻が、科学的な臨床研究で収集した、興味深い終末期体験や、臨死状態におけるヴィジョンや現象を紹介しながら、肉体が朽ちた後も消えることなく、宇宙の中に統合されていく〈意識〉の存在に迫る。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐倉

10
死が近づく人々が先立った家族や神の遣いなどの宗教的なものを視る臨終期視像、遺族の側が家族の死を何らかの形で感知する(いわゆる虫の知らせ)臨終期暗合などの事例を専門家の立場から集積する点で貴重な一冊。しかし、ひとつひとつの“体験者に起きたこと”自体は否定しないし、死に臨む患者や遺族のケアの中で大切に取り扱うことも重要だろうが、それに対しての解釈…人の意識は脳に限定されず死後の世界は存在する…は飛躍が過ぎると思う。暗合に関しての一致は起きた時点ではなく後からの聞き取りである以上、記憶の改竄の可能性も拭えない。2024/07/01

しばさん

0
宗教的なものではない、たんたんと事実の確認をまとめてかいてあるのがよかった。 説法的でないし、スピしすぎてないのが特によかった。 自分のいくつかの経験の検証にもなって整理でき参考になった。2020/10/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15795156
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。