やさしく知りたい先端科学シリーズ<br> データサイエンス

個数:
電子版価格
¥1,980
  • 電書あり

やさしく知りたい先端科学シリーズ
データサイエンス

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月16日 00時44分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 176p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784422400679
  • NDC分類 007.6
  • Cコード C0340

出版社内容情報

ICTやIoT技術の発展によって社会にあふれる「ビッグデータ」を活用して、有用な「価値」を引き出す学問分野「データサイエンス」は、ビジネスから行政、医療、スポーツなど、あらゆる分野で注目されている。データサイエンスの基礎となるデータ処理(情報学)やデータ分析(統計学)手法の基本やあらまし、さまざまな分野での活用実例などを、図版や写真、イラストを使ってやさしく解説するシリーズ第10弾。

〔本書の特色〕
◇データサイエンスとは
ビッグデータを収集・処理・加工・分析することで、有用な「価値」を引き出すデータサイエンスが、現代社会において必要とされるようになった背景と目的を解説。
◇データを処理・加工する
データサイエンスを学ぼうとする初心者に、データを収集・処理・加工する「情報学」の基本について、イラストや図版を使って平易に図解。
◇データを分析する
「統計学」の観点から、収集・処理・加工されたデータを分析する手法を、具体例に沿って、図版や図表を使って丁寧に解説。
◇データサイエンスの活用事例
収集・処理・加工されたデータを分析して、有用な「価値」を引き出すデータサイエンスの活用事例を、「価値創造」がイメージできるように、図版や写真を使って紹介。
◇データサイエンスが拓く未来と課題
データサイエンスを理解・活用できる人材の育成や発掘に加え、情報セキュリティや情報モラルへの対応など、データサイエンスが拓く未来と課題について考察、提起。

内容説明

「データサイエンス」は、ICTやIoT技術の発展によって社会にあふれる「ビッグデータ」を活用して、有用な「価値」を引き出す学問分野です。そして近年、データサイエンスの基礎となる情報学や統計学を習得したデータサイエンティストが、ビジネスから行政、医療、スポーツなど、あらゆる分野から期待されています。

目次

1 データサイエンスとは(情報通信技術の進展とデジタル化社会;データ活用が進む社会 ほか)
2 データを処理・加工する(データ前処理の目的;環境構築 ほか)
3 データを分析する(データ分析の目的;データの可視化に役立つダッシュボード ほか)
4 データサイエンスの活用事例(スマートファクトリー;サプライチェーンマネジメント ほか)
5 データサイエンスが拓く未来と課題(期待されるデータサイエンティスト;データサイエンスに関連する資格や検定 ほか)

著者等紹介

生田目崇[ナマタメタカシ]
1999年東京理科大学大学院工学研究科経営工学専攻博士後期課程修了、博士(工学)。2002年専修大学商学部専任講師・准教授・教授。2012年より中央大学理工学部経営システム工学科(現・ビジネスデータサイエンス学科)教授。マネジメント・サイエンス、マーケティング・サイエンスを中心とした幅広いデータサイエンス研究に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まる

6
やさしく知りたい… やさしい、というよりは易しい(くらいの漢字を読める層から)シリーズで 興味のない層も、イラストマンガほか駆使して引きずり込んでやろう、といった仕掛けはありませんが なるべく平易に、そしてたくさん先端技術について解説しよう、という感じです。 このジャンルが好きならば中学校〜、抑えておきたいな、なら高校〜、といった感じでしょうか2023/02/20

水面頼光

1
やさしく知りたいとあるように、非常にやさしく解説してあった。2024/01/18

Kimi

0
データサイエンス=データを元に意思決定やビジネス戦略を立てる、ってことかな。 考えてみれば当たり前なことだけど、それを高度にやって一歩上の意思決定をする感じか。2024/05/13

kaz

0
きちんと理解できるほどの能力を持ち合わせていない自分が残念だが、データサイエンスに関するキーワードを概観できるのがありがたい。図書館の内容紹介は『ビッグデータを収集・処理・加工・分析することで、有用な「価値」を引き出すデータサイエンス。統計学の観点から、収集・処理・加工されたデータを分析する手法を具体例に沿って解説。活用事例などもわかりやすく紹介する』。2023/08/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20019183
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。