現地嫌いなフィールド言語学者、かく語りき。

個数:
  • 動画あり

現地嫌いなフィールド言語学者、かく語りき。

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年08月12日 17時41分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 302p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422390031
  • NDC分類 804
  • Cコード C0080

出版社内容情報



ブルシャスキー語、ドマーキ語、コワール語、カラーシャ語、カティ語、ドマー語、シナー語……。
文字のない小さな言語を追って、パキスタン・インドの山奥へ――。

著者は国立民族学博物館に勤務するフィールド言語学者。パキスタンとインドの山奥で、ブルシャスキー語をはじめ、話者人口の少ない七つの言語を調査している。調査は現地で協力者を探すことに始まり、谷ごとに異なる言語を聞き取り、単語や諺を集め、物語を記録するなど、その過程は地道なものである。現地の過酷な生活環境に心折れそうになりつつも、独り調査を積み重ねてきた著者が、独自のユーモアを交えつつ淡々と綴る、思索に満ちた研究の記録。

内容説明

著者は国立民族学博物館に勤務するフィールド言語学者。パキスタンとインドの山奥で、話者人口の少ない七つの言語を調査している。調査は現地で協力者を探すことに始まり、言語を聞き取り、単語や諺を集め、物語を記録するなど、その過程は地道なものである。現地の過酷な生活環境に心折れそうになりつつも、独り調査を積み重ねてきた著者が、独自のユーモアを交えつつ淡々と綴る、思索に満ちた研究の記録。

目次

0(遙かなる言葉の旅、遙かなる感覚の隔たり;表記と文字のこと)
1(フィールド言語学は何をするか;インフォーマント探し ほか)
2(好まれる「研究」と、じれったい研究;バックパッカーと研究者 ほか)
3(なくなりそうなことば;ドマー語、最後の話者 ほか)

著者等紹介

吉岡乾[ヨシオカノボル]
国立民族学博物館准教授。専門は記述言語学。博士(学術)。1979年12月、千葉県船橋市生まれ。2002年5月、東京外国語大学大学院博士課程単位取得退学。同9月に博士号取得。博士論文の題は「A Reference Grammar of Eastern Burushaski」。2014年より、現職。大学院へ進学した2003年よりブルシャスキー語の研究を開始し、その後、パキスタン北西部からインド北西部に亙る地域で、合わせて七つほどの言語を、記述的に調査・研究している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しゃが

46
『なくなりそうな世界のことば』の著者であるフィールド言語学者の研究記録や紀行文といってもいいのか。パキスタンとインドの山奥での話者人口の少ない七つの言語についてのフィールドワークの記録は専門的だが、用例がわかりやすい。文系の私としてはそれよりも今の文系の研究や言語学の取り巻く環境が興味深かった。ユーモアを含んだ独特の表現ではあったが、研究者としての矜持が感じられてよかった。今の日本の社会を大きくは「悍ましいい視野狭窄に陥ってしまう」ことを危惧していたことも印象的。2020/01/08

rosetta

25
SNSで複数の知人が紹介していたので読みたくなった。研究書ではなく軽いエッセイ。学者と言うと堅苦しいイメージがあるかもだけど、この方はとてもチャーミング。全ページもれなくユーモアに満ち溢れていて言語学に興味がなくてもとても楽しく読める。興味があればなおさらいいけど。カシミール地方を中心にした少数言語を研究対象にフィールドワークをしているから辺境作家の高野秀行さんにも共通するならではの苦労話も多く、時に辛辣に時に生暖かく訪れた村の人達や学問分野を語る。自分では絶対行ってみたくはないけど。2022/03/27

24
タイトルの時点で当たり確定な本。著者はインドやらパキスタンの山奥の少数言語の研究者(たまたま対象言語が少数言語だっただけとのこと)。どこか醒めた態度に宿る熱いプロ意識が惹きつける。新しい世界が見れました。マメイケダさんのイラストも味がある。世界的にはSVO型よりSOV型の方がメジャーだとは知らなかった。2022/02/06

zag2

21
書評欄で、吉岡先生の近著「フィールド言語学者、巣ごもる。」を見て興味を引かれ、まずは前著をということで読了。私、学生時代に言語学に興味があったのですが、いやあ、やはり学問の世界は生半可な気持ちでは進めませんね。能楽研究の先生方もそうですが、好まれる華々しい研究だけでなく「地味にして地道な研究」が大切であることだけは、よくよく分かりました。読みやすい語り口で、ウィットに富んだ部分も多いので、楽しく読めますが、奥深い本と感じました。2021/09/27

Kuppa

20
フィールドワークをする言語学者のエッセイ集。批判や愚痴や自虐をいい塩梅で織り混ぜながら、その実、とても真摯に現地の人や言語と向き合う様子が垣間見える。言語学には無知な私にもその興味深さは十分伝わってきた。そして、パキスタンやカシミール地方に行って安宿に泊まり、現地の人達と知り合い、調査を進めていく様子がなんとも面白い。研究するバックパッカーのようだと、自分の学生時代の記憶と少しシンクロし、またバックパッカーのような旅をしたい気持ちになった。2022/01/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14061953

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。