「戦後再発見」双書<br> 日米同盟・最後のリスク―なぜ米軍のミサイルが日本に配備されるのか

個数:
電子版価格
¥1,650
  • 電書あり
  • 動画あり

「戦後再発見」双書
日米同盟・最後のリスク―なぜ米軍のミサイルが日本に配備されるのか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月24日 16時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 300p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422300603
  • NDC分類 392.1
  • Cコード C0331

出版社内容情報



全巻のご注文はこちらから


いま、ほとんどの日本人が知らないうちに、大変な事態が進行している。
米軍が沖縄だけでなく、日本全土に核が搭載可能な新型ミサイルを配備しようとしているのだ。
本双書第9巻で、密約研究の父である新原昭治氏がのべているように、アメリカにとって日本というのは、ずっと「アメリカの核戦争基地」だった。それがいま、ついに最終局面を迎えているのだ。
このままでは、人類史上唯一の戦争被爆国である日本は、他国の軍隊(米軍)に核ミサイルを配備され、中国・ロシアとの「恐怖の均衡」の最前線に立たされてしまう。一方、その核ミサイルを発射する権利をもった米軍は、グアムやハワイなど、安全地帯へ一時撤退する計画だ。
これほど愚かな国が歴史上、かつて存在しただろうか。
情報公開請求による独自の日本政府文書発掘で知られ、ジャーナリストとして第一線で活躍を続ける著者が、その計画の全貌を報告し、警鐘を鳴らす。

はじめに
序章 南西諸島で進む自衛隊のミサイル配備
第1章 三矢研究‐1960年代
第2章 日米共同作戦計画‐1970年代
第3章 シーレーン防衛‐1980年代
第4章 日米軍事一体化‐1990~2010年代
第5章 米中対立と核ミサイル戦争‐2010年代~
第6章 日本を再び「戦場」にしないために

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]布施 祐仁(フセ ユウジン)
1976年、東京都生まれ。ジャーナリスト。2012年『ルポ イチエフ 福島第一原発レベル7の現場』で平和・協同ジャーナリスト基金賞大賞、日本ジャーナリスト会議によるJCJ賞、2018年、三浦英之との共著『日報隠蔽 南スーダンで自衛隊は何を見たのか』で石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞を受賞。情報公開請求による独自の日本政府文書発掘で知られる。

内容説明

日本全土に、中国・ロシアに向けた核が搭載可能なミサイルを配備し、米軍主力部隊は安全なグアムやハワイに撤退する。そんな馬鹿げた計画を許して本当にいいのか!?

目次

序章 南西諸島で進む自衛隊のミサイル配備
第1章 三矢研究 1960年代
第2章 日米共同作戦計画 1970年代
第3章 シーレーン防衛 1980年代
第4章 日米軍事一体化 1990~2010年代
第5章 米中対立と核ミサイル戦争 2010年代~
第6章 日本を再び「戦場」にしないために

著者等紹介

布施祐仁[フセユウジン]
1976年、東京都生まれ。ジャーナリスト。2012年『ルポ イチエフ 福島第一原発レベル7の現場』で平和・協同ジャーナリスト基金賞大賞、日本ジャーナリスト会議によるJCJ賞、2018年、三浦英之との共著『日報隠蔽 南スーダンで自衛隊は何を見たのか』で石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞を受賞。情報公開請求による独自の日本政府文書発掘で知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

紫苑

3
「日米同盟」を背景に日本がどのようにじわじわと米国のアジア戦略に加担して(組み込まれて)いったのか、どの政権でどの点において加速していったのかが分かりやすい。憲法が蔑ろにされ、国民の生活を差し置いて軍事費が青天井になってしまった今、読むべき本だと思う。2023/04/14

ネコ

2
敵基地攻撃能力って、誰が行使を判断し、誰が責任を持つのか。岸田首相は保有にあたって覚悟を持って決断したのか疑問だったが、この本を読んで疑問が解けた。 日米安保条約は、日本を守るためにあるのではなく、アメリカを守るために日本を利用するもの。3月の山本太郎の質問に対する岸田首相の答弁からも裏付けられる。 このままでは、日本は間違った情報で、二度と立ち直れない位の壊滅的な打撃を受けることになりかねない。2023/04/28

さなぎ

1
現在、急ピッチで進む南西諸島への自衛隊のミサイル基地の整備の背景が知りたくて手に取った。アメリカの世界戦略の一貫であり、費用面や政治的な困難さから、自衛隊が基地整備を行っていていざとなれば、米軍と共同使用と言う事なのだと思う。謎なのは、明らかに日本防衛には役立たないのに、これを賛成する人が多いことである。単純な中国北朝鮮フォビアではなく、代理戦争だとしても中国に戦争で勝つことで、戦勝国になりたい日本人の欲望があるような気がする。なぜ、戦争の舞台になる可能性が高まるのにそれを望む人がいるのかを考え続けたい。2023/06/18

sa10b52

1
前半は歴史。中盤以降は日本が中距離ミサイル配備で攻撃にさらされるとかそういう話。言ってることは正しいんだろうけど、最後の提案に具体性はなく聞こえる。隣に膨張しつつ覇権を睨む国やら、核開発する国家があるとかいう事情に対して、ASEANやら中南米の話を持ってこられても…。対米従属の脱却だとか日本の自主自立みたいな、ありきたりな結論の域を脱さず、よくネットの記事である「ヤバすぎる◯◯の事実」のような内容。過去の歴史を暴く!みたいな内容に終始して、今置かれている状況からどう軌道修正するの?みたいな内容は乏しい。2023/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19424306
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。