夜の記憶―日本人が聴いたホロコースト生還者の証言

個数:
  • ポイントキャンペーン

夜の記憶―日本人が聴いたホロコースト生還者の証言

  • 沢田 愛子【著】
  • 価格 ¥3,520(本体¥3,200)
  • 創元社(2005/05発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 64pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ B6判/ページ数 470p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784422300399
  • NDC分類 234.074
  • Cコード C0022

内容説明

ホロコーストのサバイバー12人が恐怖と不安を乗り越えて語った真実の言葉。

目次

第1章 ホロコーストとは何か(「ホロコースト」という用語に関して;ホロコーストの歴史的背景―特にヨーロッパにおける反ユダヤ主義の系譜;ユダヤ人問題の「最終解決」と絶滅)
第2章 ホロコースト・サバイバー(ホロコースト・サバイバーとは誰のことか;ホロコースト・サバイバーの問題―主として心理社会的な視点で)
第3章 夜の記憶―ホロコースト・サバイバーの証言(インタビューにいたるまでのプロセス;証言;チャイルド・サバイバーの証言)

著者等紹介

沢田愛子[サワダアイコ]
名古屋生まれ。早稲田大学第一文学部人文専攻卒業。上智大学大学院哲学研究科博士前期課程修了(文学修士)。千葉大学大学院看護学研究科修士課程修了(看護学修士)。信州大学医学博士(Ph.D)。三重県立看護短期大学助教授、北海道大学医療技術短期大学部助教授を経て1994年から2004年3月まで富山医科薬科大学医学部看護学科教授。2004年4月から山梨大学大学院医学工学総合研究部教授となり現在にいたる。専門領域はホロコースト生還者の研究、被爆者の研究、生命倫理学、看護倫理学、終末期看護学等々。ESPMH員、国際共同プロジェクトValue of Nursingメンバー、国際共同プロジェクト・ナチナースリサーチグループのメンバー、日本生命倫理学会評議員、日本医学哲学倫理学会評議員、日本死の臨床研究会世話人、神戸ユダヤ文化研究会会員、JIJ‐F会員、日本心理臨床学会会員等々
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

12人が肉声で語る、生を求めて必死に生き抜いた奇跡的人生の物語!
<内容紹介>
ヨーロッパのユダヤ人600万人を襲った未曾有の大虐殺、ホロコースト。本書は著者がイスラエルに赴き、日本で初めてその生還者たちに直接インタビューした貴重な証言集である。アンネの最期の様子を知る友人を始め12人が、収容所を奇跡的に生き延び、戦後イスラエルに定住するまでの劇的な人生のストーリーを生々しい言葉で多様に語り、深い感銘を与える。著者によるヨーロッパ各地の収容所跡地の旅行記も臨場感を高めている。
はじめに
第1章 ホロコーストとは何か
 Ⅰ「ホロコースト」という用語に関して
 Ⅱホロコーストの歴史的背景
 Ⅲユダヤ人問題の「最終解決」と絶滅
 Ⅳホロコーストの後に
第2章 ホロコースト・サバイバー
 Ⅰホロコースト・サバイバーとは誰のことか
 Ⅱホロコースト・サバイバーの問題
第3章 夜の記憶-ホロコースト・サバイバーの証言
 Ⅰインタヴューにいたるまでのプロセス
 Ⅱ証言
  ハンナ・ピック・ホスラール
  サラ・ブラウン
  ミラ・ホワイト
  ダヴィッド・ゴールドスタイン
  マヤ・グリーン
  シーマ・スクルコヴィッツ
  リーシャ・ローズ
  ドーブ・フライバーグ
  メイール・エルダール
 Ⅲチャイルド・サバイバーの証言
  エワード・レーブ
  アマス・バッソ
  シーラ・レヴィット
おわりに 現代社会でホロコーストを証言していくことの意味

年表
あとがき
資料

「まえがき」より
本書は、わが国では珍しいホロコースト生還者(サバイバー)の証言を集めた本であり、ここに紹介する証言はすべて、著者がイスラエルに出かけて行って、直接聞き取ったものばかりである。(略)わが国で類書が見当たらない現在、本書はさまざまな点で、必ずや読者を利するものになると確信する。著者の狙いは何よりも、証言を通して、人類最大の負の記憶を後世に伝えていくことの意味を本書から汲み取っていただきたいということである。

<著者略歴>
名古屋市生まれ。早稲田大学第一文学部人文専攻卒業。上智大学大学院哲学研究科博士前記課程修了(文学修士)。千葉大学大学院看護学研究科修士課程修了(看護学修士)。信州大学医学部博士(Ph.D)。三重県立大学看護短期大学助教授、北海道大学医療技術短期大学助教授、富山医科薬科大学医学部看護科教授を経て、現在山梨大学大学院医学工学総合研究部教授。専門はホロコースト生還者の研究、被爆者の研究、生命倫理学、看護倫理学、終末期看護学など。ESPMH(European Society of Philosophy of Medicine and Health Care)会員、日本生命倫理学会評議員、日本医学哲学倫理学会評議員等。主要著書『末期医療からみたいのち』(朱鷺書房)『今問い直す脳死と臓器移植』(東信堂)など。