図典「摂津名所図会」を読む―大阪名所むかし案内

個数:
電子版価格 ¥4,400
  • 電書あり

図典「摂津名所図会」を読む―大阪名所むかし案内

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月19日 14時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 304p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784422250908
  • NDC分類 291.630
  • Cコード C1021

内容説明

原寸復刻された迫力ある名所絵を読み解き、江戸時代の大阪へ誘う案内書。約340点超に及ぶすべての絵図も縮小掲載し、地名やキーワードで引ける画期的な図典。

目次

第1章 大坂へ来たりし験(道頓堀のからくり芝居―オランダ人を仰天させた人気芝居;浮瀬の奇杯―浪花の名物料亭が京、江戸にもあった ほか)
第2章 四季の賑わい(今宮の十日戎―海の神はなぜ商売の神になったか;住吉の浜―旧暦三月三日は潮干狩り ほか)
第3章 名所の絵物語(高津宮の仁徳天皇―なぜ、古代の都が名所図会の巻頭に;江口の遊女―西行と遊女の出会いに謎の琵琶 ほか)
第4章 津の国山河(八軒家から熊野―八軒家は聖地への玄関口だった;安治川橋と大湊―安治川橋はなぜアーチを描くのか ほか)
資料編 図典「摂津名所図会」(住吉郡;東生郡 ほか)

著者等紹介

本渡章[ホンドアキラ]
1952年、大阪市生まれ。作家。1996年、第三回パスカル短篇文学新人賞優秀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

原寸復刻された迫力ある名所絵を読み解き、江戸時代の大阪へ誘う案内書。全三十六景に厳選した絵図は、全体図を鑑賞した後で部分図を添えて細部まで絵解きし、丁寧に解説する。複数の絵師が臨場感たっぷりに描く道頓堀や新町遊廓、三大市場や天神祭の賑わい、有名寺社や郊外の名所から、現代につながる生活文化や歴史・地理が体感できる。資料編として、約340点に及ぶ全絵図を縮小掲載し、地名やキーワードでも引ける画期的な図典。