アルケミスト双書<br> 音楽の美しい宇宙―和声、旋律、リズム

個数:

アルケミスト双書
音楽の美しい宇宙―和声、旋律、リズム

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月21日 10時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 65p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784422214597
  • NDC分類 761
  • Cコード C0373

出版社内容情報

音楽理論の初歩を理解すれば、美しさの構造が明確に理解できる。音相互の関係やリズムを説明し、西洋音楽の固有の性質を明かす。

音楽理論――音楽という芸術の論理構成を知らなくとも、その美しさを心から感じることはできる。しかし、その初歩を理解すれば、なぜ人があれほど音楽に感動し心を揺さぶれられるのか、その美しさの構造がよりはっきりと理解できる。本書で紹介する音楽理論の大半は、18世紀初頭に基礎が形成された西洋クラシック音楽の伝統に基づくもので、音相互の関係やリズムを説明し、西洋音楽の固有の性質を明らかにする。

はじめに
音楽とは?
警句と弁証法
音響と倍音
音階を理解する
音程との出会い
リズムの基本
楽音の性質
和声の基礎
旋律の基礎
和音進行
楽器
複雑なリズム
形式と構造
複雑な和声
調性と転調
旋法音楽、調性音楽、ドローン音楽
3つの短音階
複雑な音程
さらなる旋律の要素
複雑な和音進行
世界の楽譜
高度な和声
高度な形式
すべてを1つにまとめる
用語集
付録1 基本的な記譜法
付録2 音階
付録3 リズム
付録4 和音
付録5 ソルフェージュと暗記法

【著者紹介】
サンフランシスコ音楽院卒、同学院非常勤講師などを歴任。さまざまな楽曲のアレンジをするとともに、プロのピアニストとしても活躍している。

目次

音楽とは?
警句と弁証法
音響と倍音
音階を理解する
音程との出会い
リズムの基本
楽音の性質
和声の基礎
旋律の基礎
和音進行〔ほか〕

著者等紹介

マーティヌー,ジェイソン[マーティヌー,ジェイソン] [Martineau,Jason]
サンフランシスコ音楽院卒、同学院非常勤講師などを歴任。さまざまな楽曲のアレンジをするとともに、プロのピアニストとしても活躍している

山田美明[ヤマダヨシアキ]
英仏翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

1959のコールマン

33
☆5。・・・だけれども注意!音楽知識を、音楽理論をある程度知っている人向け。それもクラシックだけじゃなく、その他の分野の音楽知識も時には必要だろうと思う。・・・でもワタクシは音楽理論なんで殆ど無知だが、「音楽理論を絵本にしたらこんな感じになるんだろう。きれいな本で面白いなあ」とビジュアル的に楽しんでしまいました。まあそんな楽しみ方もあります。万人向けではありません。でもツボに入るひとはとことん面白い本です。2019/08/19

やいっち

32
装丁の好ましさに似合わぬ内容の充実ぶり。音楽をあくまで音を楽しむだけで済ませている自分には、やや理解が難しい。音楽の奥深さを教えられると同時に、自らの学習や演奏活動に生かせられる人が羨ましいと感じたよ。2018/05/04

Tadashi_N

23
美しい音楽は物理学的にも美しいことが、美しい図でわかる。2022/01/16

田氏

14
音律は物理法則にもとづいて組み立てられている。ゆえに、誰が言ったか、この宇宙のどこかに知的生命体がいるなら、彼らにも我々と同じ音律を奏でているものがいるはずだと。音楽+宇宙という字面からはそんな話が思い起こされるが、本書はそういう内容ではない。音楽理論の基礎を、どことなくアルケミカルな図解をふんだんに添えて、視覚的にも把握できるよう説明している。ただし初学者むけというほど平易には書かれていないし、かといってさほど深堀りもしていない。どの層をターゲットにしているかは推し量りかねるが、とりあえず挿絵は美しい。2019/11/24

かす実

9
絵本のような素敵な装丁からは想像がつかないほど、中身は本格的な音楽の理論書。基礎的な楽典を軸にしながらも、それらの決まりがどのように 音楽の作用に関わるのかという部分の説明がされているので、ただの知識が生きた理解へと変わる。ただしこれを入門書とするには少し言い回しが難しすぎる、ひととおりのことを習得してからこの本で深堀りするのが良いと思う。音楽が有機的に形づくられていく過程がわかる良い本!優れた作曲者は、緊張と緩和をうまく配置して人々の意識を掌握する。2018/09/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9805850
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。