「知の再発見」双書<br> 宝石の歴史

個数:

「知の再発見」双書
宝石の歴史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月21日 13時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 142p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784422211879
  • NDC分類 755.3
  • Cコード C0372

目次

第1章 謎めいた起源
第2章 宝石への道
第3章 ダイヤモンドの時代
第4章 カラー・ストーンの時代
資料篇 輝きをめぐる情熱

著者等紹介

ヴォワイヨ,パトリック[ヴォワイヨ,パトリック][Voillot,Patrick]
薬学博士。国立宝石学研究所卒。8歳のときから鉱物学と宝石学に熱中し、現在では世界中の鉱山を訪れて、採掘される石や作業にたずさわる人びとの様子を見てまわっている。「鉱物と宝石」シリーズ(アトラス社、1996年)の監修者で、アクアマリンを探すドキュメンタリー映画の監督でもある

ヒコ・みづの[ヒコミズノ]
本名・水野孝彦。1939年生まれ。東京都立大学理学部物理学科卒。1966年宝石彫金アトリエを開設し、1983年に学校法人水野学園、専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジとして東京都に認可され、学校長となる

遠藤ゆかり[エンドウユカリ]
1971年生まれ。上智大学文学部フランス文学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

【内容紹介】
宝石の歴史は、つねに人類の歴史とともにあった。日本版監修者のヒコ・みづの氏が序文でのべているように、日本最古の「ジュエリー」は、北海道で発見された1万3000年前の「ペリドット(かんらん石)」のペンダントである。本書はそうした人間と宝石の古くて長い関わりを、おもにヨーロッパ史をいろどった有名宝石の物語を中心にたどっていく。ルビー、サファイア、エメラルド、そしてダイヤモンド。なぜこれらの石はかくも人類を魅了しつづけるのか。

【目次】
第1章 謎めいた起源
第2章 宝石への道
第3章 ダイヤモンドの時代
第4章 カラー・ストーンの時代