私と西洋史研究―歴史家の役割

個数:
電子版価格 ¥2,700
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

私と西洋史研究―歴史家の役割

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 16時04分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 271p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784422202884
  • NDC分類 289.1

内容説明

計量経済史、生活史、世界システム論など、新しい手法を開拓しながら、戦後の西洋史学界を牽引してきた著者の50年にわたる研究生活を総括。画期をなした諸研究の背景、戦後史学会の動向、歴史学の意味と歴史家の役割など、碩学ならではの考察を収載。「川北史学」のエッセンスを余すところなく伝える、待望の個人研究史=史学概論。

目次

1 研究をはじめたころ(歴史学との出会い;イギリス史を選ぶ;「越智研」での研鑽の日々)
2 計量経済史を拓く(計量経済史の開拓;阪大助手時代)
3 生活史を拓く(大阪女子大学時代;最初のイギリス留学)
4 「世界システム論」の考察(ふたたび阪大へ;二回目のイギリス留学)
5 西洋史研究の意義と役割(通史としての世界史;勉強のしかた;大学教育について;西洋史学の意義と歴史家の役割)

著者紹介

川北稔[カワキタミノル]
1940年大阪市生まれ。京都大学文学部卒業、同大学大学院文学研究科博士課程(西洋史学専攻)中退。文学博士。大阪大学大学院文学研究科教授、名古屋外国語大学教授を経て、現在、国際高等研究所副所長、京都産業大学文化学部客員教授、大阪大学名誉教授

玉木俊明[タマキトシアキ]
1964年大阪市生まれ。同志社大学文学部卒業、同大学大学院文学研究科(文化史学専攻)博士後期課程単位取得退学。京都産業大学経済学部専任講師、助教授を経て、京都産業大学経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

西洋史研究の碩学として知られる著者の個人研究自伝。計量経済史および生活史(社会史)の開拓、世界システム論の紹介・考察など数々の画期的業績を築きあげた著者の研究スタンスや思考を詳説するとともに、学界研究動向の推移や位置づけ、歴史研究の意義とあり方、歴史家の役割など、歴史を学ぶうえで必須の観点を対談形式で平易に説き明かす。研究の背景や意味を解説したコラム、詳細な脚注入り。