図説 マヤ文字事典

個数:
  • ポイントキャンペーン

図説 マヤ文字事典

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 03時33分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 182p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422202327
  • NDC分類 895.2

内容説明

近年、急速に解読が進んだ神秘のマヤ文字。謎めいた碑文にはなにが書かれていたのか?熱帯林に横たわる廃墟の文明の全貌が明らかになる。

目次

イントロダクション マヤ民族を探して
第1章 宮廷の生活
第2章 シンボル
第3章 神々と宗教
第4章 暦
第5章 天文学
第6章 生活と思想
第7章 古代アメリカ文明の表記法

著者紹介

ロンゲーナ,マリア[ロンゲーナ,マリア][Longhena,Maria]
先コロンブス期メソアメリカ文明学を専攻。マヤ学の学術論文を多数発表するとともに「アメリカの過去を探して」展、「インカ‐ペルー3000年」展など多数の展覧会のオルガナイザーとして活躍する

植田覚[ウエダサトル]
1928年生まれ。旧姓東京外語、京都大学文学部卒。旧姓京都大学文学部大学院満期退学。マヤ碑文学研究家。立命館大学図書館、早稲田大学図書館、早稲田大学第二文学部講師を経て、現在上野学園大学音楽部講師

月森左知[ツキモリサチ]
1948年生まれ。福岡県立福岡女子大学卒。英文訳者

出版社内容情報

【解説】
熱帯の廃墟に横たわる石碑に彫られた神秘のマヤ文字を読み解くのは不可能とされていたが、1970年頃から急速に理解が進み、現在では8割がた解読がなされている。本書では宗教、天文学、暦、王の事績などに関わるマヤ文字を取り上げその読み方を解説し、文化の本質に迫る。マヤ人にとっての金星の意味は? 王や王妃の宮廷生活は? どのような神が信仰されていたのか? 文字を知ればどんどんマヤ文明の謎が解けていく。

<“マヤ文明”関連書>
『古代マヤ文明』(マイケル・D.コウ著 創元社 ISBN;4422202251)
『マヤ文字解読』(マイケル・D.コウ著 創元社 ISBN;442220226X)
『古代マヤ王歴代誌』(S・マーティン/N・グルーベ著 創元社 ISBN;4422215175)
『マヤ文明』(C・ボーデ/S・ピカソ著 創元社 ISBN;4422210572)

<“文字”関連書>
『文字の歴史』(G・ジャン著 創元社 ISBN;4422210513)
『ヒエログリフの謎をとく』(M・ドヴァシュテール 創元社 ISBN;4422211579)
『図説 ヒエログリフ事典』(M・C・ベトロ著 創元社 ISBN;4422202316)