縄文ZINE Books<br> 縄文力で生き残れ―縄文意識高い系ビジネスパーソンの華麗なる狩猟採集的仕事術100

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

縄文ZINE Books
縄文力で生き残れ―縄文意識高い系ビジネスパーソンの華麗なる狩猟採集的仕事術100

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月23日 11時34分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 160p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422201627
  • NDC分類 159
  • Cコード C0021

出版社内容情報

現代人に不足しているジョーモン的発想を仕事術として昇華。話題のフリーペーパー『縄文ZINE』から生まれた、新しい縄文本。雑誌で特集が組まれたり、博物館で特別展が開催されたり、果ては関連映画の上映や伝説的名著の文庫化など、今まさに縄文界隈が熱い!

そんな縄文ブームの中、縄文時代の面白さに目覚めた人びとの間で話題のフリーペーパー『縄文ZINE』から竪穴式にスピンオフして生まれたかつてないジョーモン本が登場。

現代人に足りないのは縄文的発想だ!をモットーに、現代ビジネスの現場とマリアージュさせ、くすりと笑えて気がつくとためになる仕事術として抽出。

ビジネスとは「狩り」であり、理想の上司は「森」である――1万年以上持続した時代から学ぶことは深く尊い。

はじめに――縄文不足の現代のビジネスパーソンに、華麗なる狩猟採集的仕事術を
縄文意識高い系ビジネスパーソンの狩猟採集的仕事術 1?57
縄文意識高い系ビジネスパーソンの6つの習慣
縄文意識高い系ビジネスパーソンの狩猟採集的仕事術 58?100
付録漫画「首長 稲耕作」

望月 昭秀[モチヅキ アキヒデ]
著・文・その他

内容説明

みんな縄文人みたいに働けばいいのだ。ビジネスとは「狩り」であり、理想の上司は「森」である。1万年以上持続した時代から学ぶことは深く尊い。

目次

ビジネスとは、狩りである。
相談する相手が上司ではなく森。
昼食は道で採集する。
立体的すぎるマイ・タンブラー。
好きな番組は「ワールドビジネスサテライト集落」だ。
「結局は再生のシンボルだ」と主張する。
予算が渋そうな案件は、水に晒して渋みをとる。
新人のうちは他集落へアポなし交易に行かされる。
なんでもドングリに換算する。
経理がどんぐり勘定だ。〔ほか〕

著者等紹介

望月昭秀[モチズキアキヒデ]
1972年、弥生の遺跡である登呂遺跡で有名な静岡県生まれ。株式会社ニルソンデザイン事務所代表/縄文ZINE編集長。2015年からフリーペーパー『縄文ZINE』を発行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tamami

52
さる場所で開催された一箱古本市にて、定価の半値で購入。多少なりとも縄文時代・文化に興味を持っている人にとっては、所々くすりとしたりほっこりしたりするメソッドが、漫画チックな挿絵と共に100ほども紹介されている。「縄文意識高い系ビジネスパーソンの華麗なる狩猟採集的仕事術」と謳い文句にあるが、ややこじつけ的な項目も無きにしも非ず。著者も最初の方で、「相当ひいき目にみても、すぐに実践できて役に立つものは3つか4つくらいでしょうか」と断っているが、つかの間の癒やしにはもってこいかも。縄文ZINEBooksの一冊。2024/02/04

かおりんご

23
自己啓発本かビジネス書の類いかと思いきや、単なる縄文本でした。縄文時代って素晴らしい!が、いっぱいつまってます。大人向けの小ネタ本。2019/01/26

ワッピー

16
縄文意識を現代に生かそうというおふざけ本。あまりにも浅薄で、最後まで読み通したのは我ながら不思議。ドングリを外して縄文など語れぬわ!何日、何週にもわたる儀礼(退屈な会議)にもかかわらず猟果がボウズで、しおしおと村に帰った時の罪悪感!肉が切れた時、食うに食われぬドングリ加工食品を口に入れるわびしさ!雨の降りやまない寒い時期に火を消してしまった時の虚無感!黒曜石系地方通貨を持っている集落との経済格差!縄文とはかくもハードボイルドなのだ。ファッション縄文人など片腹痛いわ!あれ、ワッピーに何か憑いているのか?2018/12/24

ロア

11
縄文意識高い系と言われて思い出すのはコンビニ人間の白羽さんですね( *´艸`)仕事術100ではなく、縄文大喜利100な本書。私も一万年の悠久休暇取得したい〜(*´Д`*)2018/10/13

魚京童!

10
大したことない人だ。2018/08/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12894230
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。